PlayStation4本体(プレステ4)を早速開封、PS4本体をじっくり観察する

PlayStation4本体(プレステ4)を早速開封、PS4本体をじっくり観察する

この記事を共有する

発売日に早速届いたので開封と本体をよく観察してみた

PS4 デュアルショック4を持ってピース

2014年2月22日 PS4が日本で発売になりました。
私はカメラなしを予約していたのですが、発売直前にカメラ付きが良いような気がして変更。それでも発売日当日昼頃に無事到着しました。ヨドバシ.comで購入。
twitterなどを見ていてもPS4を欲しい人にはきっちり行き届いているようです。毎回ゲーム機の発売日ともなると売り切れ続出で定価の倍ぐらいの値段で取引されたり問題が発生するので、PS4は正規ルートできっちり買えるのは素晴らしいことですね。

早速開封!

写真クリックすると少し拡大します。

PS4外箱(初回盤)
箱は大きいですが、初代PS3の超巨大で重たい箱を経験済みなので、それほど驚きませんでした。それよりも意外に箱が薄いことに驚きました。上の外箱を開けると中からさらにPS4の箱が出てきます。

PS4外箱(ノーマル)
期間限定バージョンなどの本体を買うと大体このような梱包です。

PS4 開封したところ
PS4は箱の上から取り出すのではなく、正面扉を開くように箱が開くので、本体を取り出す時に落とさないかの心配がなくて安心です。

PS4 同梱品
中身はこんな感じ。 
カメラはもう少し大きいかと思ってましたがコンパクトです。HDMIケーブルが2mなのが嬉しいです。1mや1.5mだと取り回しに苦労することが多いです。 
電源コードはそれほど太くなく取り回しやすいのが良いです。PS4は電源が本体に内蔵されているのでアダブタもなくすっきりしています。 
説明書はシンプルでちょっと簡素すぎじゃないかと心配になります。あまり機械に強くない人は迷うんじゃないかな?

PS4 USBポート拡大
PS4本体正面の少しくぼんだところにUSBコネクタの差し込み口が2つあります。USBコネクタ付近が大きい形状の機器だとそのままでは差し込めないかもしれません。

PS4 背面端子類
本体背面のコネクタ類。 
右からPSカメラを差し込むAUX、1000BASE-T LAN、HDMI、opt(光)音声出力、左下に電源コネクタ差し込み口です。 
写真写ってませんが、もう少し右側に排気口があります。

PS4 横排気口
PS4は側面にくぼみがあります。写真では分かりづらいですが、このくぼみの部分にも排気口があります。 
本体を横にピッタリくっつけられても排気口が完全にふさがれないような工夫でしょうか。もしかするとPS4本体のひし形の形状もそういった利点があるかもしれません。

PS4 底面ロゴ
本体裏面にもPS4の刻印があります。

PS4 底面滑り止め
本体裏面の真ん中あたりに少しでっぱりがあります。本体裏側の四方にゴム足などの滑り止めがないかわりにこのでっぱりが滑り止めになるようです。 
ゴム足があると縦置きにしたときに美しくないので、このような仕組みにしたのでしょう。

PSカメラ外観
最後にPSカメラ。写真のようにカメラの角度を変えられます。 
非常にコンパクトで2つのカメラが付いています。ステレオカメラで2点からとらえることで動きや奥行を感知するので、ある程度の長さは必要でしょうがこのぐらいの大きさなら許容範囲です。

PS4本体の周囲をじっくり観察してみましたが、いろいろなところにこだわりがあって考えて作られているなあと感心しました。
ハードウェア設計については素人ですが、素人がみてもコレは凄いな。と感心します。
これが4万そこそこで買えるのだから良い時代ですね。

赤いデュアルショック4も買いました

過去記事で品薄の危険!PS4周辺機器は予約しましょうと書いておきながら、デュアルショック4の赤色を予約するのを忘れました。
慌てて探したら赤色は品切れでガッカリしていたのですが、発売日前日に在庫復活しているのを発見し慌てて購入しました。

デュアルショック4 赤 外箱
やっぱり赤色にして良かった。いい感じじゃないですか。

デュアルショック4 赤 正面
正面から

デュアルショック4 赤 上面
上から

正面は赤色、裏側は黒のツートンカラーがまた良いです。
前評判でデュアルショック4は使いやすいと好評ですが、実際持ってみるとたしかに握りやすいです。デュアルショック3より少し大きくなっているので子供たちにはどうでしょうか。
目立つのは中央のタッチパッドですが、このタッチパッドはボタンにもなっていて押すとクリック感があります。

image621
コントローラー下部にはマイクや充電機器をつなげることが出来る端子があります。これにより上部のマイクロUSBだけでなく下部の端子からも給電可能です。

コントローラーがどんどん豪華仕様になっていきますが、その分価格も5500円くらいします。
これだけ機能盛りだくさんなら仕方ないけど痛い出費。

とりあえずPS4開封だけしましたが、作りの良さに感動です。
セットアップが楽しみだ。
うちは私はメインアカウント、子供はサブアカウントで使用する予定なので、同じような使い方を考えている方の参考になると思います。
近々記事書きますので、そちらもよろしくお願いします。

【関連記事】PS4(プレステ4)は家族で共有して遊びやすいゲーム機

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事