「BitSummit(ビットサミット)」インディーズゲームの一大イベント京都で開催

「BitSummit(ビットサミット)」インディーズゲームの一大イベント京都で開催

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

2014年はイベント規模拡大で一般入場可

image562

「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」が京都・みやこめっせで開催されます。
昨年と比較すると開催期間が1日から3日間となり、一般入場日も設けられました、会場も変更され京都最大の展示場「みやこめっせ」です。下の写真は昨年の様子ですが、170名程でこの混雑具合なので、今年は大きな会場でゆったり見れるのではないでしょうか。

image561

日本のインディーズゲームを世界へ発信する『BitSummit』が今年も開催へ 開催概要を発表 – ガジェット通信

BitSummit MMXIV: Sound + Vision, Kyoto Indie Game Festival 公式サイト

開催期間は
2014年3月7日(金)がメディアデー(一般入場不可)
2014年3月8日(土)、9日(日)が一般です。(入場料500円)

都合があえば参加したいです。

2014年はインディーズゲーム大躍進の年になる

インディーズゲームとは(以下wiki引用)

法人でない個人、又は一定の集団が制作するコンピュータゲーム。同人ゲームと同一視されることもあるが区別される場合もある。デジタル配信(ダウンロード販売)のプラットフォームが利用される場合がある。

wikiでも少し微妙な言い回しでインディーズゲームの定義が難しいですが、最近では小規模の開発会社で作成したゲームについてもそう呼んでる気がします。海外ではインディーズゲーム人気が高まっており、PCゲームプラットフォーム「Steam」上でも多くのインディーズゲームが販売されています。

一昔前はインディーズゲームというと、明らかにクォリティが低いものが多かったのですが、最近ではゲーム自体の楽しさが評価されるようになってきて、アイデア勝負の面白いゲームが増えてきました。東京ゲームショー2013でもインディーズゲームフェスが行われ盛り上がりを見せています。

インディーズゲームフェス2013

音楽業界もボーカロイドの普及でプロと素人の垣根がなくなりつつありますが、ゲームも優秀な開発ツールの登場で安価にゲーム開発が出来る環境が整ってきています。
さらにゲーム機を販売する任天堂、ソニー、マイクロソフトがインディーズゲームを後押しするような動きを見せています。

インディーズゲームへの道-ソニー公式サイト

オープンソース系ヒロイン「ユニティちゃん」登場、UNITYでPSMコンテンツ作成も-関連記事

任天堂 wiiUゲーム開発用ツールを無償配布-関連記事

こういったことからも、日本のインディーズゲームの祭典「BitSummit 2014」は注目のイベントです。
みなさんも参加してみてはいかがでしょうか。