Hearthstone(ハースストーン)基本無料のおススメオンラインカードゲーム

公開日: : 最終更新日:2014/03/15 ゲームGAME ,

カード30枚でデッキを構築し対戦するオンラインカードゲーム

image486

Blizzard Entertainmentが開発中のオンラインカードゲーム Hearthstone(ハースストーン)の正式サービスが2014年3月11日から開始しました。これまでオープンβテストが行われていましたが、待望の正式サービス開始です。
基本無料のゲーム内課金制ですので誰でもインストールすればプレイ可能です。
正式サービス開始時点ではPC(win、mac)版のみですが、今後iOSとandroid版もリリース予定だそうです。
私は今年のオープンβが始まってからプレイ開始しましたが、クローズドβも含めると半年以上βテストを行ったうえでの正式サービス開始です。
このゲームについて詳しく知りたい方は、こちらのサイトがおススメです。

Hearthstone Dojo

私も定期的にこのサイトで確認しながらやってます。
以前にも記事にしましたが、EOJ(アイオブジャッジメント)というゲームでカードゲームにハマって、それ以降他に面白いオンラインカードゲームがないか物色していたものの、あまり良い感触のゲームがありませんでした。このHearthstoneは久々におススメしたいカードゲームです。

気に入ったポイント

image487

強力なカードがなくてもなんとかなる。

あとでゲームの概要を少し説明しますが、最初に持ってる基本的なカードが結構優秀なのと相手の場に強力なカードがあっても無視してヒーローには攻撃可能なので、うまくいけば逃げ切り勝ち出来ます。カードゲームなのでHearthstoneでもカード資産の差(持っているカード量の差)は当然あるのは仕方がないのですが、自分の手持ちカードで補うなど工夫しながらのデッキ調整が楽しいです。

気軽に対戦できる

ゲーム内通貨「ゴールド」を使って行うアリーナでの対戦もあるのですが、気軽に出来るフリー対戦やフレンドとの対戦も可能です。マッチングも自分のレベルにあった方とマッチングします。今日何戦かしましたが、オープンβが始まったところだからか、まだ手探りでプレイしている方が多いです。逆に始めるなら初心者が多い今がチャンスかもしれません。

英語出来なくてもなんとかなる

このゲーム今のところ日本語版がありません。しかし先ほど紹介したHearthstone Dojoさんの内容を一通り読めば中学生レベルの英語で対応出来ます。

[導入] Hearthstoneの基礎ルール : Hearthstone Dojo

特に基礎ルールを説明しているページは読んでから始めた方が良いです。

ゲームの流れを簡単に説明

折角なのでゲームの流れを簡単に説明します。

image488

スポンサーリンク

画面上の情報は上のような感じです。
ターン制で交互にカードを出し合います。どのヒーローも体力は「30」で「0」になったら負けです。
画面右下のマナは始めのターンは1マナ、次は2マナとターン開始時に使用出来るマナが徐々に増えていきます。
後半になると強力なカードが出てきます。余ったマナは次のターンには持ち越せませんので、マナを使って出来ることはすべてやってから「ターンエンド」しないと損です。
カードは大きく分けて「ミニオン(兵隊・モンスター等)」「スペル(呪文)」「ウェポン(武器)」に分けられます。
デッキはカード30枚で構成します。デッキの中に同じカードは2枚までしか入れられません。(1枚制限カードもあります)

image489

カード左上の数字が使用するのに必要なマナ数です。
左下が攻撃力、右下が体力です。
絵の下のテキストがそのカードが持つ能力です。
カードを場に出したそのターンは攻撃することが出来ません、場に出したそのターンに即攻撃できる能力を持つカードもあります。
場に出ているカードが攻撃をするのにマナは不要なので、ガンガン攻撃しましょう。攻撃対象は場に出ている相手ミニオンでもヒーローでも構いません。相手の場に強力なミニオンがたくさん置かれていたとしても、先に相手ヒーローを直接攻撃して体力「0」にすれば勝ちです。とはいえミニオン数の差が付くと一気に勝負がつくので、どちらを攻撃するかは駆け引きです。ミニオンを攻撃するときは相手ミニオンから反撃を受けます。
上の画像の相手側(上側)の場に出ているミニオンを見てください。盾のような形と丸い形のミニオンがあります。盾の形はタウントという能力を持ったミニオンで、タウントが場に出ている間は通常攻撃はタウントに対してしか行えません。タウント能力を持ったミニオンを排除してからヒーローへ攻撃しましょう。

image490

上の画像はゲーム終盤です。自分側のヒーロー体力「5」、相手側のヒーロー体力「9」ですが、自分のターンでかつ相手側タウント能力持ちがいませんので、相手ヒーローに直接攻撃が可能です。
自分側のミニオン全員で攻撃すれば勝利です。

攻撃などのエフェクトが出ている間も次の操作を受け付けてくれるので、展開がスピーディでストレスを感じません。1試合の時間も短いのでちょっとした時間に出来ます。

日本人プレイヤー増えて欲しい

良く出来たゲームなので、日本人プレイヤー増えて欲しいです。スマートフォン版が出たらかなりお手軽に楽しめそうですし、今から練習がてら始めてみましょう。
いきなり始めて、「やり方がわからんからヤメた」では勿体ないので始める前に以下のページを一読してください。
案外すんなりプレイ出来ると思います。面白いですよ。 
[導入] Hearthstoneの基礎ルール : Hearthstone Dojo

これから始める人へHearthstone序盤の進め方-関連記事


記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトを気に入っていただいた方へ

RSS購読する follow us in feedly

コメントをいただけると嬉しいです

image853
NTTドコモ新料金プランは家族持ちも総じて値上げじゃないかな?

値下げと報じられるdocomoの新料金プランですが、多くの人は値上

image847
「セガ・ハード・ガールズ」のPSVita壁紙をカッ!となって作ってみたけど需要あるのか?

祝「セガ・ハード・ガールズ」アニメ化ということで壁紙作りました

image840
往年のセガファンもなんじゃこりゃ!?と言っちゃう「セガ・ハード・ガールズ」アニメ化決定!

最近擬人化ブームだが、我らがセガがまたやっちまったようです。

image835
「EA SPORTS UFC」ブルース・リー参戦、格闘ゲームはここまでリアルに

海外PS4とXbox One「EA SPORTS UFC」リアル格

image830
amazon Fire TV日本発売前にソニーはPSVita TV後継機を出すべき

約1万円のamazon Fire TVのコストパフォーマンスが高す

→もっと見る

  • またまた娘が陽気に歌ってるので「その歌オリジナル?」って聞いたら、「そうオジリナル」って得意気に教えてくれた。
  • RSSリーダーで購読する

    follow us in feedly

  • Game Lab-ゲーム専門店
    FPSゲーム・コントローラー専門ショップ。人気のFPSバトルフィールドやDead Space、他にもゲーミングヘッドセットやゲーミングマウスを数多く取り揃えています。

PAGE TOP ↑