「PlayStation Now」(PSNow)ストリーミングゲームのその先

「PlayStation Now」(PSNow)ストリーミングゲームのその先

この記事を共有する

米で開催中2014 CESにて発表「PlayStation Now(プレイステーションナウ)」日本開始日は未定

ハードウェアに依存しないゲームサービス、PS4、PS3、PSVita、テレビ「BRAVIA」からサービス開始

PlayStation NOWイメージ

以前から噂されていましたストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」が、米ラスベガスで開催されたCESのソニー基調講演で発表されました。

クラウドによるストリーミングゲームサービスについては過去記事を参照ください。

各社のストリーミングゲーム動向-過去記事

簡単に説明するとゲームの実行処理はネットワークの向こう側にあるサーバーが行い、そこで作り出された映像を家庭の機器が受信してテレビに映し出します。家庭側の機器はブロードバンドネットワークに繋がり、受信した映像を映し出すことができ、かつコントローラーからの入力をサーバーに送ることが出来れば良いのです。PSNowでは高いゲーム機を買わなくても高品質なゲームを遊ぶことが出来ます。

しかしコントローラーの入力をいったんサーバーまで送り、結果映像として家庭に返すので、当然家庭にあるゲーム機で処理するよりも遅延(遅れ)が発生することがデメリットです。

「PlayStation Now」は具体的にどんなサービスなのか?

PSNowテストプレイ

2014年夏頃にアメリカから順次サービス開始予定です。

レンタルとサブスクリプション(定額制)プランが用意され、対応機器はPS4、PS3、PSVita、テレビ「BRAVIA(対応モデル)」です。将来的にはソニーのタブレットやスマートフォンにも対応するようです。現状はPS3用ソフトの対応のみ決定。PS2やPSなどは未定。

解像度は720p(1280×720)、サーバー上で処理されるので当然どの端末でも続きからプレイできます。

「PlayStation Now」楽しみなサービスですが、やはり気になるのは料金とプレイ感、そして日本でのサービスイン日です。まさか「PlayStation Now」がプレイステーションプラスに加入しているだけでプレイ出来るということはないと思うので(そうだったらかなり嬉しい)、どのくらいの料金になるのか。またCESでのテストプレイではほとんど遅延は感じなかったようですが、実際インターネット上で快適にプレイ出来るのか?といった点が気になります。米では夏開始のようですが、日本でもいち早く開始して欲しいところ。

「PlayStation Now」でPS4が究極のゲーム機に

クラウドによるストリーミングゲームサービス、いろいろ不安な部分もあるものの快適にプレイ出来るなら魅力的なサービスです。

PS4には大容量メモリと性能があります。PS4と「PlayStation Now」の連携でゲームがさらに進化するのではと期待しています。 たとえば背景やフィールドなどのコントローラー入力に即時に対応しなくても良い部分はサーバー側で処理し、キャラクターや近くのオブジェクトはPS4側で処理するなど、分担処理が出来れば面白そうです。

ストリーミングサービスの欠点である遅延も補えますし、一番プレイヤーの目に付くキャラクターを、より美しく描くことが出来ます。最近主流のオープンワールドなフィールドを、PS4ですべて処理するとメモリをかなり食いますが、サーバー側に任せることで解消できそうです。技術的にサーバー側とPS4の処理を同時に行えるのかどうか分かりませんが、おそらく可能ではないでしょうか?

2014年はクラウドサービスが多数登場するでしょう。マイクロソフト、任天堂、さらにSteamのValveあたりがどう動くのか注目です。

※以下「PlayStation Now」テストプレイの模様

【関連記事】PS4でPS3ソフトが遊べる PS Nowの北米料金は月額19.99ドル | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事