image411

PS4(プレステ4)は家族で共有して遊びやすいゲーム機

LINEで送る
Pocket

アカウントを切替えてもプレイステーションプラスの特典が利用可能

PS4でのPSプラス利用可能アカウント

以前の記事でSENアカウントのメインアカウントとサブアカウントの運用方法が分かり難いことを書きました。

SENマスターアカウントとサブアカウントが分かり難すぎる-過去記事

ざっくりまとめるとPS3はマスターアカウントでログインしている人がプレイステーションプラスに加入していると、そのPS3は他のユーザーアカウントでログインしてもプレイステーションプラスの特典を受けることが出来ます。
フリープレイのゲームもマスターアカウントでダウンロードすれば、ほかのアカウントでログインしてもプレイ可能です。
一方PSVita TVは据え置き機ですが現状携帯ゲーム機扱いなので、アカウント切替が出来ないことと、マスターアカウントでプレイステーションプラスに加入していても、サブアカウントではフリープレイのゲームはプレイ出来ません。PSVita TVは基本的に1台1アカウントを想定しています。

PS4ではどうなるのか気になっていましたが、公式サイトに分かりやすく説明が追加されました。

PS4の遊びかたいろいろ-公式サイト

扱い的にはPS3とほぼ同様です。PS4ではインターネット経由のオンライン対戦を行うには、プレイステーションプラスへの加入必須ですので、メインのアカウントだけ加入していればサブアカウントでも特典が利用出来るのはありがたいです。

PS4はペアレンタルコントロール機能が搭載され、子供にも安心して渡せるゲーム機に

ペアレンタルコントロールイメージ

PS3にはペアレンタルコントロールはありませんでしたが、PS4では搭載されるようです。

以下公式から引用

はい。お子様にも安心してお楽しみいただくために、PlayStation®製品はお子様が利用できることを制限する機能(ペアレンタルコントロール)を用意しています。
1.ゲーム機本体で制限できること
・アプリケーション(ゲーム)の利用を制限する
・BD/DVDの視聴を制限する
・インターネットブラウザーの使用を制限する
※有料フィルタリングサービスの設定もできます。
2.SENアカウントで制限できること
・チャット/メッセージの利用を制限する
・自分のコンテンツの公開や他人のコンテンツの閲覧を制限する
・利用できるウォレット(オンライン上のお財布)の月額上限を設定する
・パスワードを管理する
※PS4™の起動時間を制限することはできません。
※詳細はこちらをご覧ください。

内容を見るとPSVita TVのペアレンタルコントロール機能とほぼ同じでしょうか。「アプリケーションの利用を制限する」機能がどこまで細かく設定できるか気になります。PSVita TVでは本体の起動時間の制限のみでした。電源ONのままなにもしてなくても時間が経過しました。この辺りが改善されるとありがたいです。
WiiUはペアレンタルコントロールが細かく設定できるので、PS4でやっと追いついた感じです。

PS4を家族で利用される場合は面倒くさがらずに、メインアカウントとサブアカウントを作成し、子供には制限付きサブアカウントを与えるようにしましょう。
PS4ではネット配信などが簡単にできてしまうので、きっちり管理することが大切です。

PS4のマスターアカウント、サブアカウントの切替とペアレンタルコントロールについて-関連記事

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

コメントをいただけると嬉しいです