参考書や専門書を快適にみられるタブレットをサイズと重量から考える

参考書や専門書を快適にみられるタブレットをサイズと重量から考える

この記事を共有する

最近は参考書や専門書も電子書籍が用意されている

電子書籍は割引クーポンなどを利用すると、割引率が高いときは半額程度で買えることもあり重宝しています。

ちょっと前までは参考書や専門書は紙の本しか無い事が多かったように思いますが、最近ではほとんどの書籍が電子化されています。参考書や専門書は価格が高いものが多く、割引で安く買えることはありがたいです。さらに、ページ数が多く分厚い書籍も多いので、電子書籍ですと持ち運びにも便利です。

ということで先日、数冊専門書等の電子書籍を買ってみたのですが、スマートフォンで読むにはいろいろ問題がありました。

参考書や専門書はレイアウト調整が効かない

以下のように参考書や専門書は図+文章という構成となっているため、小説や文章のみで構成されているビジネス書のように、画面サイズに合わせてフォントやレイアウト調整が出来ません。雑誌に近い感じで、拡大するにはページ全体を拡大する必要があります。

image4061

拡大するとページ全体を読むには、画面をスクロールさせる必要があり、かなり面倒です。これなら紙の本を読む方がストレスは少ないと思います。以下の写真の通りスマートフォンと参考書ではサイズ差がかなりありますから、スマートフォンでは文字や図が非常に小さくなります。

image4065

参考書や専門書の電子書籍を読むには、スマートフォンではなくタブレットが最適そうです。これら書籍を最適に読めるタブレットを探してみました。

ストレスなく読むには8インチ以上が必要か?

家にはiPad Air2があるので、それで読めば快適なのですが、家族で利用しているため一人占め出来ません。そこで安くて、軽くて、画面サイズが最適なタブレットを探そうと思いました。

本を読むだけなら電子インクのKindle Paperwhiteという選択肢もありましたが、Kindle以外にhontoも利用しているため、この選択肢は除外しました。iPadはちょっと高いので、androidタブレットにターゲットを絞ります。

次にタブレットのサイズを考える必要がありますので、参考書や専門書のサイズを確認しました。これら書籍に多いのが以下のサイズです。

  • 菊判 ヨコが約15cm、タテが約21cm
  • 大型本(B5変形) ヨコが約18cm、タテが約23cm

これらのサイズの本を同様の感覚で読める画面サイズとなると、最低でも8インチ以上が必要です。7インチでもギリギリ大丈夫かもしれません。

ということで、8インチ以上で安くて軽いandroidタブレットで探してみたいと思います。

軽さを重視して検討した結果、参考書や専門書読むのに最適なタブレット

image4064

検討した結果「Huawei MediaPad M3 Lite」(8インチ)が私のイチ押しです。

まず2017年8月に発売されたばかりで、OSはandroid 7.0と比較的新しいですし、スペック的にも充分です。電子書籍用途なのでスペックは必要無さそうですが、あまりにも安いタブレットですと、電子書籍閲覧でもモッサリしてストレスが溜まります。

HUAWEI MediaPad M3 Lite | HUAWEI Tablet | HUAWEI Japan

価格もWiFiモデルだと2万円台前半、SIMフリーLTEモデルでも2万円台後半と安いです。デザインもメタル調でケース無しでも問題ありません。さらに重量が310gと軽いというのもポイントが高いです。電子書籍はダウンロードしておけばオフラインでも読めますので、WiFiモデルでも良さそうです。

1万円台のタブレットでも良いのですが、数年は使うなら「Huawei MediaPad M3 Lite」クラスのタブレットを選んでおいた方が良いと思います。しかし、2万円はちょっと高いという方には、「MediaPad T2 8 Pro」が良さそうです。CPUと内部メモリがM3 Liteより劣りますが、Webや電子書籍メインなら充分使えます。新しいT3というモデルもあるのですが、こちらはディスプレイ解像度が低いので注意しましょう。

MediaPad T2 8 Pro | PC & タブレット | ファーウェイ・グローバル

挙げだしたらキリが無いですが、LTEモデルの場合は型落ち「MediaPad M2 8.0」も良いでしょう。価格が2万円台前半まで下がっています。上位機種ですからメタルボディーでデザインも良いです。android6.0へのアップデートも行われていますので、OSも古すぎるということはありません。ただしCPUがkirinですので、動作が安定しないアプリがあります。

HUAWEI MediaPad M2 8.0 | タブレット | HUAWEI Japan

結局Huaweiのタブレットばかりになりましたが、WiFiとLTEどちらも選べてコストパフォーマンスも高いので、1~2万円台で選ぶならこの選択になるような気がします。MediaPad M3 Liteをイチ押ししましたが、T2 Proも安くて安定していますし、M2の高級感も捨てがたいです。どれを買うか悩みます。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事