au新プラン「ピタットプラン」でガラケーから乗り換え予定の方は契約時内容をよく確認しよう

au新プラン「ピタットプラン」でガラケーから乗り換え予定の方は契約時内容をよく確認しよう

この記事を共有する

auのピタットプランをどれだけ窓口で理解できるのか?

auが格安スマホ対抗の新プラン「auピタットプラン」を発表し、かなり好調なようです。とはいえ内容はシンプルには程遠く、条件など理解するのがなかなか面倒です。詳しくは以下の公式サイトを確認してください。

auピタットプラン・フラットプラン|au

この新プランで注目なのは、これまでの携帯大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のプランとしては格安な、最低料金1,980円/月を前面に押し出しているところです。もちろん1,980円/月という価格は様々なキャンペーンが適用されたうえで、プラン適用から1年間という期間限定料金です。

恐らくガラケーからスマホに乗り換える際に、格安スマホへ流出するユーザーを食い止めることが目的だと思いますが、そういったユーザーに対してau窓口でキッチリ説明出来るのか?ということが疑問です。窓口で知らぬ間に高額オプションを契約するユーザーが急増しそうな予感がします。

au窓口では契約内容をよく確認しよう。高額契約させられないよう注意

携帯大手キャリアは全国に店舗があり、携帯が苦手な高齢者の方などでも手続きが簡単であることが利点ですが、よく分からないうちに高額な契約をさせられることがあります。

特にこれまでガラケーを使っていた方はスマートフォン契約特有の、高額オプションを契約させられそうになります。そこそこ事情に詳しいと思っている私でも、注意していないと不要なオプションにチェックが入っていることに気付かない事があります。窓口では期間限定の1,980円/月をベースに「アップグレードプログラムEX」などの有料オプションを勧めてくるはずですので、必要かどうか冷静に判断して契約しましょう。

不安な場合は詳しい方に同行してもらうようにした方が無難です。

auピタットプランは従量制なので注意

image4035

最後にauピタットプランについての注意点ですが、このプランは使った分だけ料金が増える従量制です。

恐らく窓口で利用方法について聞かれると思います。ガラケーを使っている方は、メールと電話ぐらいしか使わないと答えるでしょうから、データ利用量は1GBで充分と案内されます。

しかし、ガラケーとは違いスマートフォンは、インストールするアプリによっては利用せずとも定期的に通信するものもあります。大切なのは契約後に自分の通信量をよくチェックすることです。

見た目の低価格に惑わされずに自身の使い方にあわせてプラン選択しましょう。ガラケーを継続するという選択も視野に入れて検討してください。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事