スマートスピーカーはスマートウォッチと同じ運命を辿らないか心配

スマートスピーカーはスマートウォッチと同じ運命を辿らないか心配

この記事を共有する

2017年秋、日本にもスマートスピーカーが続々登場

2017年秋、日本でもスマートスピーカーが続々登場しそうです。特に注目は「Google Home」でしょうか。海外ではAmazonの「Echo」がかなり先行しているため、Google Homeは日本に力を入れてくるのではないかと期待しています。日本発売にあわせて小型で安価なモデルの登場もウワサされています。

Googleといえば技術をオープンにすることで成功してきた企業です。GoogleのAIアシスタント「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカーが、ソニーとパナソニックから発売予定です。その他未発表のスマートスピーカーも登場するはず。

その他、日本で発売予定のスマートスピーカーで目立ったものは、Lineが先日販売を開始した「WAVE」があります。すでに手元に届いている方も居るはず。AI部分についてはまだこれからといった感じですが、進化に期待したいところ。

また、発売は先になると思いますが、Appleの「HomePod」も気になります。

スマートスピーカーは日本でどれだけ普及するのか

昔からリビングを狙って様々な家電製品が発売されてきました。TVとゲーム機が代表格でそれ以外はリビングに浸透しているとは言い難いです。そんななかスマートスピーカーがリビングに置かれる定番家電になれるのかが気になる点です。海外ではAmazon Echoがかなり売れているようですが日本ではどうでしょうか。

売り手が一方的に盛り上がって、ユーザー側はそうでもない。という状況はスマートウォッチに似ている気がします。スマートウォッチを買うような人は、スマートスピーカーも買っちゃうんでしょうが、そういったガジェット好き以外の方に売れるのかが問題です。

また、大抵は各家庭にリビングはひとつですので、多数のメーカーがスマートスピーカーに参入し、数々の製品を発売したとしても、売れる台数の上限は決まっています。スマートウォッチも多数のメーカーが様々製品を投入しましたが、AppleWatch以外はあまり売れていません。今のスマートスピーカーの状況とよく似ていると感じるのは私だけでしょうか。

スマートスピーカーは製品ごとに出来ることの違いを明確にするのが難しそうです。さらに日々進化するため、ユーザーへの伝え方を工夫する必要がありそうです。

ではスマートスピーカーを日本で普及させるためには、どういったことが必要でしょうか。

Google Homeはサービス事業者が販売する形態がメインになりそう

image4033

今秋発売のスマートスピーカーの中で注目度の高い、Google Homeは単品を売るよりも、何らかのサービスを利用するためのGoogle Homeというようなかたちでの販売がメインになると思われます。

単体で売っても何が出来るのかを訴求することが難しいでしょうから、日本で普及させるためにはサービスとともに売る事が重要ではないでしょうか。

以前はGoogle HomeやEchoのことをホームアシスタントと呼んでいましたが、最近はスマートスピーカーという呼び方が主流のようです。スマートスピーカーとひとくくりに出来ないほど、多様な製品が登場します。スピーカーの補助機能としてAIアシスタントを使っているものや、AIアシスタントがメインでスピーカーはおまけといった製品も出てきます。国内メーカーのパナソニックやソニーのスマートスピーカーは、スピーカーがメインでGoogleアシスタントが操作を補助するような製品になるのではないでしょうか。

Googleアシスタント搭載ということで、期待して買ったら「スピーカーに毛が生えた程度のものじゃないか」と幻滅されないよう、製品のコンセプトや出来ることを明確に伝えることが重要だと思います。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事