PS4 Proに白色追加!ということはマイナーバージョンアップはまだまだ先か。。

PS4 Proに白色追加!ということはマイナーバージョンアップはまだまだ先か。。

この記事を共有する

4K出力可能なPS4 Proに新色グレイシャー・ホワイト追加

2017年9月6日より数量限定でPS4 Pro グレイシャー・ホワイトが販売されます。最近ようやく品薄が解消されつつあるPS4 Proに新色追加で、さらに勢いをつけたいところでしょう。

価格は通常版同様 44,980円(税別)です。

数量限定ということですので、欲しい方は早めに予約しましょう。ただし以前に、薄型PS4も数量限定でグレイシャー・ホワイトが販売開始されましたが、現在は通常販売に切り替わって販売を継続しています。PS4 Proのグレイシャー・ホワイトについても同様の流れになる可能性はあります。

PS4 Proは4K出力だけではなく、ソフトが対応していればフレームレート(1秒あたりの画面描画枚数)がより安定し、通常版のPS4よりも高品質な状態でプレイ出来ます。またPSVR利用時にもフレームレートや解像度が向上する場合もあるようです。

家に4Kテレビが無くても、PS4 Proを選択する価値はあります。

このタイミングで白色を追加したということは、PS4 Proはしばらく現行版のままか

image4005

現行のPS4 Proは消費電力が最大310Wと非常に高くなっています。2017年秋に発売予定の「Xbox One X」はPS4 Proよりも高性能でかつ消費電力が最大245Wと、性能の割には低い値となっているうえ、冷却液を利用したクーラーでファンの回転も低く抑えられそうです。

てっきりPS4 Proは対抗してマイナーバージョンアップをしてくるかと期待していたのですが、9月6日にグレイシャー・ホワイトを追加するとなれば、年内または年度内は現行版PS4 Proが続くのかなあという感じです。

薄型PS4がほぼ無音ですので、PS4 Proももう少し消費電力を抑えたモデルが出て欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事