「ゲームOK・禁止で成績に差は無し」との調査結果!ゲームと勉強両立させるため親がすべきこと

「ゲームOK・禁止で成績に差は無し」との調査結果!ゲームと勉強両立させるため親がすべきこと

この記事を共有する

ゲームOKとゲーム禁止の子を対象に調査した結果が興味深い

朝日小学生新聞社が読者を対象に行った調査結果が興味深いです。

「ゲームOK」の子の方が勉強に集中し、親との会話も長い……朝日小学生新聞調査 – ITmedia NEWS

調査結果について参考程度とされてはいますが、ザクっと言いますとゲーム機を持っていて、ゲームOKな子の方が勉強への集中力が高く、ゲーム禁止の子と比べて成績も大差ないという結果です。またゲームOKな子は計画性が高く、親との会話時間も長い傾向にあるとのことです。

そもそも調査対象の朝日小学生新聞を購読して読んでいる層は、勉強への意識が高いという面がありそうですし、世間一般がどうなのかというと、調査結果は参考程度となりますが、私はこの結果は当然ではないかと思います。

「ゲームは悪」とされる事が多いがそんなことはない

うちの子もゲームはかなりやる方ですが、勉強とうまく両立しています。

私の持論ですが、子供の頃から遊びと勉強の両立を自主的に行う習慣は、大人になってから役立つ重要なスキルだと思います。またゲームはお手軽に気分転換が出来ますし、最近流行っているプログラミング教育と同じような効果があると思います。ゲームを攻略することはプログラミング教育により身につける、論理的に解決する能力が育ちます。※プレイするゲームによりますが

ゲームで遊ぶことをうまく活用すれば、子供には良いことが多いと思います。

ゲームと勉強を両立させるには親の行動が重要

子供にメリハリを付けてゲームと勉強を両立させるということは、「非常に難しい」と考えがちです。私もかなり悩みました。

ゲームをしながら勉強が出来るアプリや、ゲームのプレイ時間を制御できるペアレンタルコントロール機能の利用など、これまでいろいろ試しました。またゲームのプレイ時間について子供とルールを決めたり、お手伝いや自主勉強など実施したタスクに応じてゲームで遊ぶ時間を決めるルールなども試しました。これらに興味ある方は過去にいろいろ試した事を書いてますので読んでみて下さい。

いろいろ試した結果、最も簡単で良い方法が分かりました。子供の勉強時間を決めて、その時間は親も一緒に勉強することです。勉強でなくても本を読むというのも良いと思います。

結局子供に「勉強しろ!」としつこく言っても、勉強している横で親がスマホゲームに夢中になったり、バラエティー番組を見たりしていると、子供も勉強する気にはなれません。

楽しく勉強が出来る工夫やルール決めも重要ですが、それだけに捕らわれず「親が手本を見せる」という、最も基本的なことをやるだけで子供は自主的に勉強をするはずです。

子供にばかり要求する前に自身の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事