シャープのMebius(メビウス)ブランドがタブレットで復活、日本メーカーのブランド戦略

シャープのMebius(メビウス)ブランドがタブレットで復活、日本メーカーのブランド戦略

この記事を共有する

Mebius Pad 10.1型タブレット 2014年1月以降発売

image379

シャープのノートパソコンMebius(メビウス)をご存じの方も減ってきているのではないでしょうか。一応2009年頃まで売っていたようですが、いつの間にやらMebiusブランド消滅していました。
そのMebiusブランドを冠したタブレット「Mebius Pad」が発売されるようです。
10.1型 WQXGA(2,560×1,600) IGZO液晶ディスプレイ搭載のWindows8.1搭載タブレットです。
CPUはintelのAtomプロセッサー Z3770。

スペック的には申し分ありません。国産タブレットですので防水、防塵も対応しています。
androidタブレットに比べると競争相手も少ないですし、今Windowsタブレットを発売するのはいいタイミングかもしれません。

Windowsタブレットが「艦これ」で注目度アップ

最近シャープは元気が無いので、「Mebius Pad」で少し元気を取り戻してほしいところです。
今amazonでは「艦これ」と絡めたWindowsタブレットキャンペーンを実施しています。(2013年12月31日まで)

『艦隊これくしょん -艦これ-』(かんたいこれくしょん かんこれ)は、角川ゲームスが開発し、DMM.comが配信しているブラウザゲームである。第二次世界大戦期の大日本帝国海軍の艦艇(軍艦)を萌えキャラクターに擬人化した、「艦娘(かんむす)」と呼ばれるキャラクターのカードをゲーム中で集め、強化しながら敵と戦闘し勝利を目指すという内容である。

艦これやるならwindowsタブレットキャンペーン

私が思っている以上に艦これ人気は凄いのか、マイクロソフトもWindowsタブレット普及のキラーコンテンツと考えているようです。
マイクロソフト公式も自社から発売している「サーフェイス2は、艦これプレイに最適」とツイートしています。

艦これに限らずインターネットブラウザ上で動作するブラウザゲームがどんどん増えており、Windowsタブレットの追い風になりそうです。

「百年戦記ユーロ・ヒストリア」ブラウザゲームSRPGの新作-関連記事

日本のメーカーはブランドを育てるのが下手

image378

国産メーカーには頑張って欲しいので「Mebius Pad」そこそこ売れて欲しいですが、なぜ今Mebiusなのか?が良く分かりません。
元気なころのシャープを取り戻すということかもしれませんが、Mebiusがそれほどブランド力があるとは思えません。Aquos(アクオス)ブランドで押した方が良いような気もします。
シャープに限らず、日本のメーカーはどの分野でもブランド戦略がイマイチです。

パナソニック「eneloop」ブランド表示を小さくする

image377

パナソニックの「eneloop」のモデルチェンジに際し、電池表面の表示を「PANASONICを大きく表示し、その下に小さくeneloopと表示する」ように変更しました。(写真左が新、右が旧)
白地に青文字でeneloopと表示されたデザインが秀逸だっただけに、変更を知ったユーザーから批判の声が上がりました。
eneloopは元々三洋電機のブランドで、パナソニックは別にEVOLTAというブランドの充電池がありました。eneloopという表示を小さくして、EVOLTAとeneloopの統合を進めようと考えたのかもしれませんが、ブランド力を軽くみている証拠でしょうか。
このあたり今のパナソニックの迷走ぶりを表しています。

楽天ブランドは世界戦略に向いてない

image382

楽天は社内公用語を英語にするなど世界戦略に躍起です。amazonやeBayに対抗する為にbuy.comを買収したまでは良かったのですが、ブランドをRAKUTENに変えてしまいました。

RAKUTEN.comサイト

折角育っていたブランドを捨ててしまった上、RAKUTENはアメリカ人には発音しにくいようです。
公用語を英語にしたもののそのあたりは良く分かっていなかったようです。

ソニーの高級家電ブランドQUALIAは復活して欲しい

image381

ソニーの高級家電ブランドQUALIA(クオリア)ブランド知っていますか?
ソニーの最新技術を盛り込んだ1世代先の製品に付けられていました。何百万円もする製品がザラでしたので、私のような一般市民は買おうという気すら起きないものの、自動車でいうところのスーパーカー的な感じで好きでした。

ソニーQUALIA 公式サイト

長い不況と薄利多売競争の煽りでQUALIAブランドは消滅しましたが、今こそ復活して欲しいと思います。
といっても車と違い、QUALIAブランドで出した製品と同スペックの製品が2年もすれば普及価格帯になる家電業界では、高級路線は難しいのかな?

日本の家電メーカー頑張れ

Mebiusブランド復活から話がえらい逸れましたが、最後にひとこと日本の家電メーカー頑張れ。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事