マイクロソフトの安価で高性能なVRが超魅力的だが、液晶なのがちょっと気になるかも

マイクロソフトの安価で高性能なVRが超魅力的だが、液晶なのがちょっと気になるかも

この記事を共有する

開発者向け299ドルと安価で高性能なVRが登場

マイクロソフトが2017年中に発売を予定するMRヘッドセットを発表しました。驚くべきは価格で、開発者向けのバージョンを299ドルで発売するとのことです。一般向けには2017年末頃に発売されるとのこと。

image3935

以下が今回発表された新MRヘッドセットのおおまかなスペックです。

 マイクロソフトMRヘッドセットAcer製PlayStation VR
VRヘッドセット
サイズ(mm),重量
サイズ不明
約360g
幅187×高さ185×奥行277
610g
VRヘッドセットディスプレイ方式:LCD
サイズ:不明
解像度:1440×1440×2
方式:OLED
サイズ:5.7インチ
解像度:1920×RGB×1080
リフレッシュレート90Hz120Hz、90Hz
視野角95度約100度
価格開発者向け:299ドル399ドル

参考にPlayStation VRのスペックを併記しましたが、このスペックで299ドルはかなり安いです。すでに以下のサイトで開発者バージョンの予約が始まっています。

Buy Acer Windows Mixed Reality Headset Developer Edition – Microsoft Store

他社がVRヘッドセットと表現しているのに対し、マイクロソフトはMRヘッドセットと言っています。MR(Mixed Reality)は複合現実のことで、マイクロソフトがこの表現を使うには、他社VRとは違ったことをしたいという意欲があるのかもしれません。ハードウェア的にはVRヘッドセットと同様です。

マイクロソフトMRヘッドセットは液晶ディスプレイなのが気になる

image3937

スペック面で非常に魅力的なマイクロソフトのMRヘッドセットですが、1点気になるのが液晶ディスプレイを採用しているところです。

他社の主要なVRヘッドセットである、PSVRやOculus Rift、Viveは有機ELを採用しています。液晶ディスプレイはLEDバックライトからのブルーライトの影響が気になります。

通常スマートフォンを使用する場合は、ディスプレイと目の距離はある程度離れていますし、外光の影響でブルーライトが目に入る量も緩和されるでしょうが、VRヘッドセットの場合は外光が遮られていて、かつ目との距離も近いため、ディスプレイから発するブルーライトが直接目に入ります。至近距離からのブルーライトは目の細胞を死滅させるとの研究結果も出ていたと思います。

マイクロソフトがこの点について対策をとっているのかも気になります。

スペック的には解像度が両目で2880×1440と他社VRヘッドセットに比べても優秀ですし、有機ELは世界的に生産が追い付いていないという状況もありますから、液晶の方が安価に大量生産出来るというメリットはあります。

PCの要求スペックは高め、Xbox Scorpio対応はあるのか?

どんどん価格の安いVRヘッドセットが登場するのは嬉しいことです。ただしマイクロソフトのMRヘッドセットも他社同様、接続するPCの要求スペックは高いので、高性能パソコンを持っていない方はそれなりの出費になりそうです。

2017年末といえば、マイクロソフトのゲーム機Xbox Oneの高性能バージョン「Scorpio」の発売も予定されています。このMRヘッドセットがScorpioでも使えるとすれば、供給不足で品薄が続くPSVRの対抗馬となる可能性もあります。

今後のマイクロソフトの発表にも注目です。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事