PS4乗っ取り対策!2段階認証を活用しよう

PS4乗っ取り対策!2段階認証を活用しよう

この記事を共有する

アカウントを乗っ取られるとフレンドにも迷惑が

ゲームのアカウントに対策なんて必要無い!と思っている方も居られるかもしれませんが、アカウントを乗っ取られると、それまでに購入したソフトやコンテンツが奪われるのは当然として、フレンド情報までも失ってしまいます。さらに自分に成りすましてフレンドに迷惑をかける恐れもあります。またシェア機能によりSNS(TwitterやFacebook)などの他サービスとアカウント連携している場合、そちらへも影響が及ぶ恐れがあります。

こういった被害を被らないためにも、アカウント乗っ取り対策は万全を期すようにしましょう。

SENアカウントの2段階認証を推奨

ソニーのゲーム機PS4にはSony Entertainment Network(SEN)アカウントが用意されています。

以下のとおりSENアカウントの利用と保護に関して、公式に注意喚起のための案内が出されています。以下に詳しく書かれていますが、基本となるパスワードの定期的な変更に加えて、2段階認証の設定が推奨されています。

最近被害にあう方が増えているのか、以下のとおり改めて公式アナウンスされています。

Sony Entertainment Networkアカウントを安全にご利用いただくためのお客様へのご注意とお願い | プレイステーション® オフィシャルサイト

2段階認証設定で乗っ取りはかなり困難に

アカウントの乗っ取りはID、パスワードが流出することで発生します。これら情報流出は事業者側のミスであり、ユーザーが防ぐ手立てはありません。強いて言えば、サービスを利用しないぐらいしかないです。

2段階認証を設定しておけば、情報流出によりアカウントが乗っ取られるリスクが発生したとしても、未然に防ぐことが出来ます。もちろん2段階認証が完璧な防衛手段だということはありませんが、個人のゲームアカウントを守るには、十分なセキュリティ対策だと思います。

2段階認証を突破するには、犯人はID、パスワードの入手と、さらに2段階認証コードを受け取る機器そのものを入手するか、受信内容を傍受する必要があります。

簡単な設定だけでセキュリティレベルが格段に向上しますので、ぜひ2段階認証設定を実施しておきましょう。

Googleアカウントやネットバンクなど認証の強化をしましょう 最近不正アクセスやサーバーへの攻撃が急増しています。RSSのfee...
スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事