ホリは見抜いてた?ニンテンドースイッチの周辺機器が優秀

ホリは見抜いてた?ニンテンドースイッチの周辺機器が優秀

この記事を共有する

ニンテンドースイッチ本体に関する不満を解消するホリ製周辺機器

2017年3月3日待望のニューハード「ニンテンドースイッチ」が発売されました。

新ゲーム機が発売されると必ず発生するのが不具合に関する報告です。ニンテンドースイッチに関して目立つ意見は以下の点でしょうか。

  • Joy-Conを反対に取り付けて外せなくなる
  • USB-C端子が下面に付いているので、スタンドモードプレイ中充電出来ない
  • 本体スタンドを出したまま、うっかりドックに差し込もうとするとスタンドが割れる
  • ドックへの抜き差しで液晶画面に擦りキズが付く

どれも気を付けていれば問題は無いのかもしれませんが、うっかりミスは誰でもやってしまうものです。USB-Cの位置に関しては、たしかになんで下面なのか?という感じもしますが、上面だとしてもそれはそれで邪魔な感じがします。

これらの不満が出るのは予測済みと言わんばかりに、周辺機器メーカーホリから良さげな周辺機器が出ています。

プレイスタンド for Nintendo Switch

image3849

この「プレイスタンド for Nintendo Switch」があれば、USB-Cを刺した状態でもスタンドモードでプレイできます。しかも本体付属のスタンドを出す必要がないため、スタンドを出したままドックに刺してしまうという問題まで解決できます。

この一つの製品で不満点を2つ解消出来るという優れものです。

ピタ貼り for Nintendo Switch

image3850

スマートフォンには液晶保護シートは必ず貼るという方が多いと思いますが、ゲーム機にはそこまで神経質に貼る人は多くないかもしれません。しかし、ドックへの抜き差しでキズが付く可能性があるとなれば、保護シートは必須と考える人は増えそうです。

そんな中、ホリから発売されている「ピタ貼り for Nintendo Switch」は貼りやすいと、ユーザー評価が高いです。

しかも、通常タイプに加え、ブルーライトカットモデルやガラスモデルを揃えるという充実ぶり。しかしガラスモデルに関しては、「すぐ剥がれたり割れたりする」という評判もありますから、通常タイプかブルーライトカットモデルが良さそうです。

ホリ以外にも各社から液晶保護シートが出ていますが、ニンテンドースイッチ発売時点では、ホリ以外のものはイマイチという意見が目立っています。スマホ用に液晶保護シートを発売しているメーカーが参入してくれると、製品レベルが一気に上がると思うのですが、今後に期待したいです。

ホリはニンテンドースイッチの弱点を見抜いていた?

スタンドと液晶保護シートを紹介しましたが、特にスタンドの方に関しては、USB-Cがあの位置にある事でスタンドモードでプレイ出来ないことを把握して作られています。

「ホリさん任天堂に先に教えてあげてよ!」という感じですが、この辺は昔から周辺機器を作っているだけあって、さすがという感じです。

ニンテンドースイッチに関しては、アイデア周辺機器で使い勝手がさらに向上する予感がしますので、周辺機器メーカーにとってはチャンスかもしれません。

私はスプラトゥーン2と同時にニンテンドースイッチを買う予定ですので、それまでにどのような環境になっているのか楽しみですね。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事