次期iPhoneのワイヤレス給電はちゃんと標準仕様で搭載してくれ

次期iPhoneのワイヤレス給電はちゃんと標準仕様で搭載してくれ

この記事を共有する

2017年発売予定の新型iPhoneはワイヤレス給電「Qi」対応のウワサ

2017年夏発売予定の新型iPhone(8?)はワイヤレス給電「Qi(チー)」に対応するとのウワサが出ています。ウワサの発端はQiの業界団体にAppleが参加したという情報が出たためです。

Qiは対応の充電器に乗せるだけで充電できる規格です。

新型iPhoneはちゃんと「Qi」標準仕様に対応するのか?

Appleは標準規格をすんなり採用しない会社です。独自規格を採用することでApple純正か、もしくはAppleが認証した高額な周辺機器を売ることが出来ます。

image3824

Apple Watchはワイヤレス給電「Qi」の規格を採用していますが、Apple純正充電器でないと充電出来ないように仕様を若干変更しているようです。標準のQi規格を採用してくれた方が、ユーザーにはありがたいはずです。

そんな前科もあり新型iPhoneに「Qi」の標準仕様が採用されるのか心配です。

Qi対応機器が増えるといろいろ便利になるはず

image3822

ワイヤレス給電の「Qi」規格自体は2010年頃には規格化されていたと思いますので、かなり古くからあるものの、いまいち普及率が高くありませんでした。新型iPhoneで採用されれば一気に普及させることが出来ます。

ただし先ほども書いたように標準仕様に対応しなければ意味がありません。Qi搭載機器がたくさん出回ることで、街中に充電スポットも充実するはずです。

すでに一部のコンビニや喫茶店ではQi充電パッドを置いている場所もありますが、あまり多くありません。iPhoneに採用されれば、どこでも充電できる環境が整いそうです。ワイヤレス給電が当たり前になれば、喫茶店のテーブルや、職場のデスクへの埋め込み式充電器も増えるでしょうから、バッテリー切れの心配が激減しそうです。

普及率が高まれば高まるほど便利になるはずですから、新型iPhoneに搭載されるワイヤレス給電は、Apple純正充電器でしか充電できないような独自仕様はやめて欲しいと願います。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事