もっと注目されるべきPS4「仁王」硬派なアクションゲーム

もっと注目されるべきPS4「仁王」硬派なアクションゲーム

この記事を共有する

「仁王」良ゲーだと思うんだが、注目度ちょっと低い?

PS4で2017年2月9日に発売予定の「仁王」がかなり面白そうです。

戦国時代が舞台で昨年大河ドラマ「真田丸」が流行ったこともあり、発売タイミング的にはバッチリだと思うのですが、発売直前のAmazonランキングはちょっと低めで(といっても本日時点6位ですが)、事前の注目度はちょっと低めかな?という印象です。

海外からやって来た海賊ウィリアムが、サムライとなり怪異と呼ばれる化け物と闘う剣術アクションゲームです。

武器がたくさん用意されていて、上手い人のプレイを見るのも楽しそうです。武器は「刀」「二刀」「槍」「斧」「鎖鎌」と、さらに遠距離武器「弓」「銃」「大筒」まであります。

image3809

各武器構えから様々な攻撃を繰り出せるので、うまく操作出来ればカッコいいアクションが出来そうです。

「仁王」に登場する怪異がカッコいい

image3810

「仁王」に登場する敵キャラ怪異のデザインがカッコいい。

image3811

おや!?このお方は!どこかで見覚えのある。。

image3812

人(?)違いでしたwこれはどういうシーンなんだw

image3813

このゲームストーリーもかなり気になります。

「仁王」早期購入でDL版が少し安くなる

「仁王」のダウンロード版は定価販売ですが、早期購入特典で少し安くなります。通常版が7,800円→7,020円、デラックスエディションが10,800円→10,020円です。ダウンロード版が欲しかった人にはありがたいですね。

「仁王」PSストアで確認-ad

発表から10年以上経ってようやく発売となる仁王。かなり気合が入った作品だと思いますし、2月前半イチオシゲームです。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事