小学校以下の子供が居る家庭に、特にニンテンドースイッチはおススメしたい

小学校以下の子供が居る家庭に、特にニンテンドースイッチはおススメしたい

この記事を共有する

ニンテンドースイッチを最高に楽しめるのはこういったシーンだ

2017年3月3日に発売予定のニンテンドースイッチは、楽しみ方を想像するのが難しいゲーム機です。過去にモーションコントローラーを最大限に活用したゲーム機、Wiiが発表された時のような、コレって楽しいのか?的な空気になっています。

ニンテンドースイッチが楽しめるシーンってどんなだろう?と私なりに考えた答えが、小さなお子さんがニンテンドースイッチで遊んでいるところを、見ている親が一番楽しいんじゃないかと思いましたw

ニンテンドースイッチ本体と同時発売が決定している「1-2-Switch(ワン・ツー・スイッチ)」や、春発売予定「ARMS」はニンテンドースイッチのJoy-Conの機能を最大に活かしたタイトルです。以下の紹介動画では大人がプレイしているシーンが主で、「3万円以上払ってコレは無い!」的な意見も目立ちました。しかし、動画でプレイしている大人を、小さなお子さんに置き換えてみたら、かなり印象が変わるんじゃないかと思いました。

【1-2-Switch】

【ARMS】

Wiiの時もWiiスポーツなどルールが単純なゲームを、子供たちがワイワイやってるのは、ハタから見ていても結構楽しいです。

ニンテンドースイッチはメインターゲットを子供に絞るべき

ニンテンドースイッチがPS4に確実に勝る点としては、リアルに人が集まって遊ぶ時でしょう。

最近ではネット対戦が充実しており、リアルに集まって遊ぶという事が減ってきています。しかし、小学生ぐらいの子供に関しては、まだまだリアルに集まって遊ぶ事のほうが多いでしょうから、ニンテンドースイッチは思い切って、小さなお子さんのいるファミリーをメインターゲットとするべきだと思います。

少子化という事もあり、子供をメインターゲットにするとシェア的には厳しいとは思いますが、すでにPS4が世界的に普及しており、衰えるどころかシェアはまだまだ拡大しそうです。ニンテンドースイッチが全方位的に展開しても、なかなかうまくいかないでしょう。「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。

これまでのゲーム機もそうですが、流行に乗れば一気に普及することも考えられます。子供にお金をかける事は惜しまないという、親の習性も利用して売り込めば、ニンテンドースイッチは結構売れるかもしれません。Joy-ConのIRセンサーを使って、子供の手や足の大きさを測定して、成長を記録するだとか、何かに特化するといろいろなアイデアが出てくるはずです。

なんだか未知数なゲーム機ニンテンドースイッチは、意欲的なゲーム機だと思いますし、なかなか厳しいとは思いますが成功して欲しいです。

2017年3月3日発売!ニンテンドースイッチ 2017年1月13日任天堂の次世代機「Nintendo SWITCH(ニンテンドースイッチ)...
スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事