ゲーマーは固定回線一択!au「Speed Wi-Fi HOME」では代替不可

ゲーマーは固定回線一択!au「Speed Wi-Fi HOME」では代替不可

この記事を共有する

au「Speed Wi-Fi HOME」で固定回線を持たない若者を狙う

2017年2月下旬にauより「Speed Wi-Fi HOME」が発売されます。auのLTE回線とUQのWiMax 2+回線を受信することが出来るモバイルルーターで、下り最大440Mbpsと固定回線並の通信速度がウリです。

image3786

モバイルルーターといってもサイズは高さ180mm×93mm(円筒形)と非常に大きく、強力なアンテナで家中をカバーします。

固定回線ですと申し込みから数日待って、工事を行いようやく使えるようになりますが、au「Speed Wi-Fi HOME」は購入して持って帰り設置するだけですぐ使えるというのも大きなメリットです。

au「Speed Wi-Fi HOME」はWiMax 2+エリアかどうかがポイント

image3785

au「Speed Wi-Fi HOME」は固定回線的な利用方法をイメージするものの、LTE回線を使う場合は月間7GBという通信容量の壁は存在します。WiMax 2+回線のみを使用する場合には、容量制限はありませんから、この製品が本領を発揮するのはWiMax 2+回線で利用する場合でしょう。

家庭のテレビに繋がった機器などで、インターネットを使用する場合には7GBはあっという間です。もし自宅がWiMax 2+エリア外なら、au「Speed Wi-Fi HOME」は利用しない方が良さそうです。

いくら高速でも、ゲーマーは「Speed Wi-Fi HOME」より固定回線がベスト

最近は固定回線を持たない人が増えているということで、2年ほど前に以下でも書きましたが、カタログスペックの通信速度よりもゲーマーにとって重要なのは低遅延です。

光ファイバーで快適インターネット、100Mbps超の最高速度よりPING値が重要
クラウドサービスには固定回線が必要 ストリーミングサービスが続々登場。最高速度よりもping値が重要 最近の携帯電話サービスはL...

残念ながら現状のモバイル回線は、通信速度のカタログ値こそどんどん向上しているものの、通信の遅延に関してはまだまだ固定回線には及びません。

最近のゲームはネット通信が必須です。特にゲーマーの方にとっては、遅延によるストレスは嫌なものです。

私はスプラトゥーンを快適にプレイする為に、Wii Uを固定回線で接続できるUSBアダプターを購入しました。やはりWiFiルーターの近くにゲーム機本体を設置しても、無線では遅延は避けられません。後悔しないためにも固定回線を選択しましょう。

動画や音楽配信などは、通信状態の良いときに一気にダウンロードしてバッファ(一時保存)出来るので、遅延の影響は最小限にできますが、リアルタイムな入力へのレスポンスが必要なゲームだけは、低遅延の固定通信が今後も必須環境となるでしょう。

とはいえ、au「Speed Wi-Fi HOME」自体は面白い製品です。機械に詳しくない方もお手軽に高速通信が使えるのは良さそうです。ご自身の利用環境が合えば、魅力的な製品ではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事