スーパーマリオランは売り方に問題?Android版では変更すべき

スーパーマリオランは売り方に問題?Android版では変更すべき

この記事を共有する

Android版スーパーマリオランの事前登録開始!売り方を考え直すべき

すでにiOS版が配信されている、「スーパーマリオラン」のAndroid版事前登録が開始されました。

しかし、Android版に関しては、少し売り方を考えなおすべきではないかと思います。はじめに書いておきますが、1200円買い切り制については、以下でも書いているとおり私は賛成派です。1200円買い切りを変える必要は無いと思います。

任天堂の本格スマホゲーム参入第一弾「スーパーマリオ ラン」がいよいよ登場 先日行われたAppleの新製品発表会で、サプライズゲストとして呼...

iOS版スーパーマリオランは低評価の嵐

image3780

上を見ていただくと分かるとおり、1評価が大量についています。多くは無料で遊べない事への批判です。

とはいえスマホのゲームアプリで買い切り制のものは、スーパーマリオランだけではありません。

image3781

例えばドラゴンクエスト8は2800円の買い切り制ですが、高すぎる!的な理由で大量に1評価はされていません。元々PS2用のゲームの移植ですから、2800円はかなり強気な価格設定だと思います。

同じ買い切り制でこれほど評価に差が出ているのは、ゲームの良し悪し以上に売り方の差が大きいと思います。

スーパーマリオランAndroid版は「フリー・トゥ・スタート」は止めて、体験版と本編を別アプリにするべき

スーパーマリオランはApp Store史上最速ペースでダウンロードされている、ということでニュースでも話題になりました。そういう意味ではダウンロードと最初の数ステージは無料で、すべてを遊ぶにはお金を払って購入するという「フリー・トゥ・スタート」は悪くありませんが、iOS版「スーパーマリオラン」のように、無料でとりあえずダウンロードしたユーザーに、1評価を量産されるという事態になりました。

任天堂のスマホアプリは今後も基本的に「フリー・トゥ・スタート」で考えられているようですが、この方式ですと今のアプリストアの評価システムでは、どうしても1評価が多くなってしまうはずです。

ドラクエ8がなぜ1評価が少ないかというと、納得のうえで2800円を支払って購入した方が評価しているからでしょう。この場合、評価されるのは純粋なゲーム内容についてですから、購入を検討するユーザーとしても有意義なレビューとなります。

ダウンロード数でアピールできるという点では、「フリー・トゥ・スタート」は魅力的ですが、現在のアプリストアのシステムから考えると、体験版アプリと本編アプリを別配信にした方が良いのではないかと思います。

それにしても、これほどまでにゲームは無料という認識が広がっていることに驚きます。Youtubeの登場で音楽は無料で聴くものという認識が広がったように、ゲームに関してもお金を払ってまで遊ぶものではない、という感覚が普通になってきているようです。基本無料アイテム課金制は、成功すればパッケージソフトよりもはるかに儲かるシステムですが、ゲーム自体の価値が下がるという意味では自分の首を絞めているような気がします。

ゲームの種類にもよるのかもしれませんが、私は買い切り制の方が健全で、ゲーム本来の価値を取り戻せると思いますがどうでしょうか。

基本無料アプリ内課金を全否定するつもりはないが、売り切り販売もしてほしい 携帯ゲーム機が衰退し今後新型も期待できない状況で、携帯ゲーム機に...
スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事