【続】PS4におススメのオーディオ機器(サウンドバーなど)

【続】PS4におススメのオーディオ機器(サウンドバーなど)

この記事を共有する

PS4におススメオーディオ機器をまた調べてみる

日本国内でもようやくPS4が売れてきていると感じます。さらに先日高性能版のPS4 Proも発売され、ますます盛り上がってきそうで嬉しい限りです。

PS4やPS4 Proを買ったら、ぜひオーディオにも力を入れて欲しいということで、1年ほど前に以下の記事でおススメオーディオ機器を紹介しましたが、あれから1年経って新しい機器も登場していますし、現時点でのPS4に合うオーディオ機器を探してみました。

PS4に接続するオーディオ機器を選ぶ時の、注意ポイントについては以下の記事をまず見ていただければと思います。

PS4(プレステ4)におススメのオーディオ機器と接続方法について
PS4でオーディオ環境を充実させよう PS4はゲームだけではなく、先日実施されたアップデートでメディアプレイヤーとしても、そこそこ使えるよ...

ちなみにオーディオ機器と言えばピンキリで、高いものはうん百万としますが、そういったものではなく庶民的に数万円で買えるものに絞っています。

やはり薄型テレビの標準スピーカーでは力不足です。安い機器でも良いのでオーディオを充実させることで、ゲームだけに限らずドラマや映画など、全く違う作品のような感じられますからおススメです。

ちょっとややこしいPS4 Proにあうオーディオ機器

今回紹介するのはノーマルなPS4にあうオーディオ機器です。PS4 Proにあうオーディオ機器ではありません。今回ノーマルなPS4に限定したのは、PS4 Proと問題なく接続出来て、性能を使い切れるオーディオ機器を探すのが現状では難しいためです。

PS4 Proにあうオーディオ機器で考慮すべきは、「4K+HDRパススルー対応」だと思います。現在お持ちのテレビが非対応だとしても、将来的な事を考えると対応品を買っておいた方が良いでしょう。しかし、この「4K+HDR」が曲者です。たとえば、この後おススメ紹介するヤマハの「YAS-106」は、ホームページの製品紹介を見ると、HDRと4Kパススルーに対応しているように思いますが、「2K+HDR」と「4Kパススルー」に対応しているだけで、「4K+HDR」は非対応です。

現状ではPS4 Proはテレビと直結して、テレビとオーディオをHDMI(ARC)接続するのがベターです。この接続方法の場合はあまり深く考える必要がありません。PS4 Proとその他ゲーム機等をオーディオ機器(アンプ)につなぎ、アンプ経由でテレビへスルー出力する場合は、よく考えて購入しなければなりません。

PS4 Proにあうオーディオについては高価なアンプならあるかもしれませんし、またソニーから出ているHT-CT790がお手頃価格でありますが、サウンド面の評判がイマイチですので見送りました。(ご自身で聴いてみて問題なければ選択肢となると思います)

とにかく2016年12月18日現在では、PS4 Proと相性の良いオーディオ機器を探すことが難しい状況です。メーカーさん側でPS4 Proとの相性について公式アナウンスしてくれれば安心して購入できるので、お願いしたいところ。

【続】PS4におススメのオーディオ機器

前置きが長くなりましたが、PS4に繋いで楽しむのに最適なオーディオ機器を紹介。前回紹介してものは除きますので、併せて前回記事もご覧ください。

ヤマハ「YAS-106」

image3751

さきほどちょこっと紹介しましたが、ヤマハ「YAS-106」はノーマルなPS4には、2万円前半とお手頃な価格ですしおススメです。

ウーファーもサウンドバーに収まっているので、省スペースに置きたい方には良いです。Bluetoothに対応しているので、スマホの音楽をスピーカーから出すことも簡単にできます。

セリフやナレーションをクリアに出力する機能もあり、通常のテレビ番組視聴でも威力を発揮しそうです。

残念な点は、HDMIの入出力が1系統ずつしか無いことでしょうか。テレビ出力側はARC(Audio Return Channel)対応なので、HDMIケーブル1本つないでおけばOKです。(テレビ側もARC対応の必要あり)

パイオニア「HTP-CS1」

image3752

2.1ch構成のセパレートサウンドバーということで、なかなか面白い製品です。ウーファー内蔵のアンプにはHDMI入力が3系統付いているので、複数のゲーム機やプレイヤーを繋ぐことが出来ます。ちょっと前まで4万円台中盤でしたが、最近価格がかなり下がってきており、3万円ちょっととお手頃な価格になっているのもポイントです。

フロントスピーカーが2つに分かれているので、一般的のサウンドバーと違いテレビの前面を占領しないのが利点です。ただしアンプとフロントスピーカーは有線接続ですので、設置はケーブル範囲内になります。

Bose「Solo 5 TV sound system」

image3753

Bose「Solo 5 TV sound system」は、他のサウンドバーシステムに比べるとコンパクトです。コンパクトでありながら音に関しては評判もよくおススメ。Boseのコンパクトスピーカーはどれも音が良いので、この製品も間違いないでしょう。

「Solo 5 TV sound system」とPS4を接続する場合、PS4はテレビと直接接続し、テレビと「Solo 5 TV sound system」をHDMI(ARC)接続します。テレビ側にHDMI入力が複数無いと、ちょっと不便かもしれません。

好きなブランドや音の好みでオーディオ機器を選びましょう

今回のPS4におススメのオーディオ機器を参考に、自分の環境や好みに合ったオーディオ機器を探してみてください。上の製品もそうですが、最近のオーディオ機器はほぼBluetoothにも対応しており、スマホの音楽を家で聴く場合にも使えて便利です。

また、PS4のゲームは映像がリアルですから、少しオーディオ機器にお金をかけるだけで、映画のように迫力が増します。マンションやアパートなど近隣に迷惑がかかる場合は、ヘッドホンにこだわってみるのもアリですね。

オーディオ機器選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事