ハッピーエンドであって欲しい。「人喰いの大鷲トリコ」ようやく発売

ハッピーエンドであって欲しい。「人喰いの大鷲トリコ」ようやく発売

この記事を共有する

延期を繰り返しようやく発売!PS4「人喰いの大鷲トリコ」

世界的なゲームデザイナーである上田文人氏の最新作「人喰いの大鷲トリコ」が、2016年12月6日にPS4で発売されます。

新たな紹介動画も公開され「人喰いの大鷲トリコ」非常に楽しみですね。目覚めた時に目の前にこんなでっかい生き物が居たら、私なら腰を抜かすと思いますが、この主人公の少年は肝が据わっています。

2009年に発表された際には、PS3用として開発が進められていました。発表から7年経過してPS4用ソフトとして発売です。上田氏がこだわり抜いた「人喰いの大鷲トリコ」ですから、間違いなく素晴らしいゲームになっていると思います。

ラストはハッピーエンドであって欲しい(望み薄。。)

こう書いておいてなんですが、恐らくすっきりとした終わり方はしないだろうなと思います。「ICO」や「ワンダの巨象」の評価が高いのは、独特の世界観となんだかスッキリしない終わり方、というのもあるような気がします。終わった後にいろいろ考えさせられます。

image3731

ぜひ「ICO」や「ワンダの巨象」未プレイの方はプレイしてみてください。特にICOがおススメ。ストリーミングゲームサービス「PS Now」を利用すれば、PS4でもプレイ出来ます。7日間レンタルで864円ですから、7日間集中してプレイすればクリア出来ます。

新作「人喰いの大鷲トリコ」はどのような終わり方をするのでしょうか。ハッピーエンドであって欲しいな。。。

FF15もあるし発馬日プレイが無理な方も時期をずらしてプレイするべし

image3733

年末はいろいろ忙しいのでトリコは買うものの、年末休みまではプレイ出来なさそうです。私のように発売直後にプレイ出来ない方も、ちょっと時期をずらしてでもプレイするべきタイトルではないかと思います。

ICOをプレイした時代とは違ってネットの動画配信も盛んですが、私は極力そういった外部情報無しに、自力で最後までプレイしてエンディングを迎えたいです。うっかりネタバレを見てしまわないよう注意するのが大変そうです。。。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事