AI将棋や囲碁は上手に手加減する技術を極めて欲しい

AI将棋や囲碁は上手に手加減する技術を極めて欲しい

この記事を共有する

AI囲碁や将棋は完全に人間を凌駕した

2016年はAIと将棋の関係が激変した年と言えそうです。

これまでAIと将棋界はうまくやって来たと思います。人間vsAI将棋ソフトの対決「電王戦」の生中継は、これまで将棋に興味の無かった方も引き込むことに成功しました。

しかし、AIの進歩が目覚ましく、あと数年は人間に追いつくことは出来ないと言われていた常識が覆り、今やAIの方が人間よりも強いということが常識になりつつあります。さらに先日発生しました三浦九段の、スマホアプリカンニング疑惑による出場停止処分など、プロ棋士自身もAIの力を借りることで、勝負が有利になると認識しています。もし、AIの力がまだまだ及ばないのであれば、カンニングしてもさほど問題にはならないはずです。

今後、将棋や囲碁界がどのように動くのか分かりませんが、AIのシミュレーション結果を人間が局面に応じて正しく打つだけ、というような状態になっていくと、もはや人間同士が打つ意味があるのか?といったことも感じてしまいます。

そんな中、プロ棋士よりも強いコンピュータ将棋を開発することが出来たという理由で、AI将棋開発プロジェクトを終了するといった動きも一部で出ています。また囲碁対局でAIの勝利に導いた「アルファGO」も、人間を完全に凌駕した時点でプロジェクトを終了すると言っています。

これら開発プロジェクトに携わる方に言いたいことは、ただ強ければ良いのか?ということです。

大多数のユーザーは将棋や囲碁ソフトに究極の強さを求めていない

私は将棋や囲碁は好きですが、非常に弱いです。十年以上前の将棋や囲碁ソフトにも勝てないレベルです。そんな将棋や囲碁ソフトに対する最大の不満は、上手な手加減の仕方を知らない事です。将棋や囲碁ソフトを買ったことがある方は分かると思いますが、最強レベルでハンデ無しだと良い手を打つのですが、ハンデを付けたりレベルを落としたりすると、突然無茶苦茶な手を打ってきたりして、全く練習にならないと感じます。

人間同士で将棋の練習をする場合、上位者はハンデとして何枚か少ない状態で始めます。囲碁の場合は弱い方が最初に何目か置いた状態で始めます。さらに指導のため上位者は、わざとスキのある手を置いたりして、教わる側は問題を解くようにして、徐々に上達していくのです。

これからのAI技術全般に求められるものは、相手に合わせて対応を変え、パートナーとして人間を最適にサポートすることだと思います。将棋や囲碁ソフトでひたすら強さを求めることも重要ですが、相手のレベルに合わせて、上手に手加減するAIを開発する方がはるかに難しいでしょうし、AIの技術としては実用的ではないでしょうか。

こちらのレベルを読み取り、レベルに合わせた指導碁が打てる囲碁ソフトが発売されたら、私は絶対買います。

プロ棋士に勝ったからAIプロジェクト終了!ではなくて、別の可能性についても研究を続けて欲しいと思います。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事