iPhone 7をガラスマ化したAppleは正しい戦略だと思う

iPhone 7をガラスマ化したAppleは正しい戦略だと思う

この記事を共有する

日本で発表会したら良いのにwと思うほど日本向け機能満載iPhone 7

image3662

2016年9月7日(米国時間)にAppleの新スマートフォン「iPhone 7/7Plus」が発表されました。発表前にリークされていた情報の通り、それほど目新しい機能は無く、高機能なAndroidスマートフォンですでに実現している機能と同等のものを備えてきたという印象です。

日本では9月9日より予約開始、9月16日に発売です。

iPhone 7の機能詳細は公式ページをご覧ください。

iPhone 7 – Apple(日本)

iPhone 7のガラスマ化戦略は正しいのか?

image3660

iPhone 7の新機能として注目なのが、NFC-F(フェリカ)を搭載したことです。これによりJR東日本のSUICAが利用できます。

またApple Payに関してもすでに日本で普及している、IDやQuick Payを実装することで、これら電子マネーに対応する店舗で即利用が可能になります。

Apple Pay – Apple(日本)

これまでAppleの製品は全世界共通仕様で、iPhoneを販売する各国がiPhoneの仕様に合わせるようなかたちでした。従来ならApple Pay対応読み取り機(リーダー)の配備を、店舗側が迫られる場面ですが、iPhone 7に関しては日本仕様に合わせた、日本仕様のiPhoneとなりました。

これまで日本で販売されるAndroidスマートフォンが、日本独自のワンセグやおサイフケータイ機能に対応することで、グローバル仕様から孤立するためガラパゴススマートフォン(ガラスマ)と呼ばれることがありました。

今回のiPhone 7は日本に特化し、ガラスマ化したと言えそうです。

image3663

今までスマートフォンの機能が未熟で、iPhoneの優れた基本機能により優位に立っていた時代が終わり、中国や韓国の安くて高性能なスマートフォンに対抗するには、iPhoneも各国のニーズに対応する必要があります。

Apple Payがすでに普及している日本の電子マネーとタッグを組んで、導入後即利用出来るような仕組みにしたことは、非常に興味深いです。ユーザー側の立場で考えられているなあと感じました。

ApplePayに関しては、こんなにもユーザー本位で考えているのに、なんでイヤフォンジャックを無くしたのかなあ?と思ったり。。。

それはさておき私はiPhone 7のガラスマ化は正しい戦略だと思います。

Appleも認めるスマートデバイスのリードコンテンツはゲーム

image3664

ゲーム系サイトとして嬉しかったのは、iPhoneやAppleWatchの発表の中で、ゲームが大々的に取り上げられていたことです。

任天堂のキャラクターはやっぱり強いですね。ポケモンGO人気に始まり、リオオリンピック閉会式の安倍首相のアベマリオ。そしてApple発表会でのサプライズ、iOSアプリ「スーパーマリオラン」の登場と、任天堂のコンテンツが世界中で求められています。

日本が世界に誇る文化であるゲームが、もっと広く一般化すれば良いですね。

今回の発表を振り返ると、正直iPhone 7自体はガッカリな内容で、海外ではさらにシェアを落としそうです。しかし、少し方針が変わってきたAppleの今後に期待したいです。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事