iPhoneで電子決済、Apple Pay国内開始間近、WAONやnanacoとの違い

iPhoneで電子決済、Apple Pay国内開始間近、WAONやnanacoとの違い

この記事を共有する

Apple Pay(アップルペイ)がいよいよ日本国内でも開始間近

海外ではすでに始まっている、iPhoneでも使える電子決済Apple Pay(アップルペイ)が日本国内でも開始されそうです。電子決済が最も活躍しそうなコンビニ各社の動きを見ていると、本格的にApple Payが開始されるのは来年2017年になりそうです。(予測です)

日本ではすでにWAONやnanaco、楽天Edyや交通系Suicaなどが電子マネーの主流となっていますが、Apple Payはこれらとは少し仕組みが違います。

世界の電子マネー主流はサーバー型決済へ

日本で主流の電子マネーWAONやnanaco、Suica(スイカ)や楽天Edyはプリペイド型です。

Apple Payは支払い時にインターネット上のサーバーとやり取りして支払いを行う、サーバー型になります。iPhoneのアプリを購入する際にAppストアで支払いするような感覚で、実店舗でも支払いが可能です。

日本はFelica(フェリカ)、世界標準はNFC-A/B

JR東日本などの交通系カードや、Edyなどのおサイフケータイ機能は、Felica(フェリカ)方式です。

一方世界標準はNFC-A/Bという方式で、これまでのiPhoneなど海外のスマホには、この方式が搭載されています。日本のスマホ以外はおサイフケータイが使えないのは、そういう理由です。

NFC(Near Field Communication)とは

NFCはNear Field Communicationの略で、そのままの意味ですが、近距離無線通信技術のことです。世界共通のNFC-A/BはISO/IEC18092という国際規格です。一方Felicaは民間企業(ソニー・ノキア・NXPセミコンダクターズ)が共同開発した規格で、後に通信方式部分が国際標準として認められました。これによりNFC-Fとなっています。

GSMA(GSM Association)とは

なぜ日本のFelica(NFC-F)が世界から孤立したかというと、GSMA標準ではなかったことが大きいです。GSMAはGSM方式の携帯電話事業者からなる業界団体で、設立が古く世界220か国で展開する、世界でも強力な業界団体です。

iPhoneにNFC-F(Felica)が搭載される?

日本の各企業の呼びかけもあってか、2017年4月以降NFC搭載端末は、NFC-F(Fellica)の搭載が必要になります。

そうなるとNFC-A,Bを搭載するiPhoneにもNFC-Fが搭載されるのでは?ということで、iPhoneのおサイフケータイ対応が噂されています。日本でApple Payを急速に普及させるには、Felicaに対応するのが手っ取り早いのかもしれません。

さらに日本の鉄道の改札を通過するには、NFC-F搭載が必須です。JR東日本は改札にかざした時の反応速度にこだわり、Felicaの仕様はそれを満たすようになっています。2020年の東京五輪を見据えると、海外で販売されるスマートフォンについても、今からNFC-F対応が必須と言えそうです。

Apple Payは便利?プリペイド型で良い?

サーバー型のメリットは、アカウントが紐づいていれば、どの端末でも同様に素早く支払いが可能という点です。

一方プリペイド型の利点は、端末側に電力が必要無いため、スマホが電池切れでも支払いが可能です(機種によっては無理かも)。またカードや端末のチップ側に金額情報が記録されているので、インターネットが使えない状況でも支払いができます。

どちらが便利とは一概には言えません。私は日本流のプリペイド型電子マネーも捨てたもんじゃないと思っています。お店でチャージして手軽に利用でき、ポイントが溜まるといった仕組みは、パソコンに詳しくない方でもお手軽に使えます。

今後Apple PayやGoogleのAndroid Payなどグローバル展開している、電子マネーサービスが国内に進出してくるでしょうが、国内の老舗電子マネーサービスがどう迎え撃つのか興味があります。

Apple Payなど電子マネーが増えると必ず起こる問題
FinTechで日本の決済市場に海外組が参入で起こる問題 サムスンペイ発表。アップルペイ、グーグルウォレット、LINE Pay、各種おサイ...
スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事