PS4ソフトをPCから購入時にクレジットカードが無効になった時の対処法

PS4ソフトをPCから購入時にクレジットカードが無効になった時の対処法

この記事を共有する

プレイステーションストアのPCやスマホ(WEB版)決済でエラーが出る

PS4やPSVitaのダウンロード版を購入する時に利用する、プレイステーションストア(PSストア)での支払い時に、「クレジットカードが無効」などのエラーが出て、突然支払いができなくなった。という方に対処法の一つを紹介します。

私の場合は、PCやスマホからアクセスするWEB版のみ支払いが出来ず、PS4のPSストアでは購入可能という状況でした。

PSストアのWEB版で突然支払いが出来なくなった経緯

1か月ほど前にクレジットカードの有効期限が切れたため、クレジットカード情報の更新をした直後から、PSストアでの支払時に「カードが無効」というエラーが出て、支払いが出来なくなりました。私はクレジットカードとは別にペイパルも登録していたので、ペイパルでの決済も試しましたがダメでした。もちろんクレジットカードを一旦削除し再登録したり、別のカードを新たに登録して試したりしましたが状況は変わりませんでした。

PSストアは決済時にエラーが出ると、不正防止のためしばらく時間が経過しないと、再度決済が出来る状態にならない事があります。そうなるといつ決済出来るようになるのか分かりませんから、当時はWEB版での購入は諦めて、PS4からストアにログインして購入しました。

そのまま1か月ほど経過し、先日PSストアにPCでログインし購入しようとしたところ、またまた決済エラーが出ました。今回は10%オフサマーセール中で、PSVitaソフトを割引価格で購入するには、WEB版(PC)からの購入しか手段がありません。

自力では原因が掴めないため、仕方なくサポートダイヤルに電話しましたが解決せず。結局急ぎの場合はPSネットワークカード(プリペイド)を利用してほしいということでした。非常に丁寧な対応でしたが、決済関係に関しては手も足も出ない模様。

解決策は?

SENアカウントの実名登録を見直したら決済復活した

サポートとのやり取りの中で、アカウント情報とクレジットカードの情報に差異がないか?という質問を受けたのをきっかけに再度アカウント情報を見て「ん!?」と思う部分がありました。

ちなみにSEN(Sony Entertaiment Network)アカウント情報は以下から確認できます。

サインイン: Sony Entertainment Network

このアカウント内「プロフィール」の実名欄が、本名ではなく偽名になっていました。はっきりとは覚えてはいませんが、昔は名前欄がそのままアカウントIDとして公開されていたと思います。そのため当時偽名を登録したのだと思います。現在は実名欄が公開されることはなく、フレンド等から「実名公開リクエスト」を受け、受諾した場合のみ相手に公開されます。ですから、実名欄には本名を入力しても全く問題ありませんが、当時から特に変更することなく、現在まで偽名登録のままとなっていました。

image3623

私同様にPS3初期の頃から、PSのネットワークID登録をしている方は、実名欄が偽名になっている方は意外に多いのではないでしょうか?

今回の場合、PSストアがクレジットカードなどの登録情報と相違が無いか確認する際に、SENアカウントの名前と一致しないため、今まではクレジットカードを利用出来ていたものの、何かのキッカケで利用出来なくなったと推測します。(明確な理由はサポートでも分かりませんでしたので、完全な推測です)

早速実名欄を修正し、クレジットカード情報も再登録してしばらく待ってから、ウォレットチャージを試したところ、これまでとは違うメッセージが表示されました。

ずっと以下のようなカード情報が無効というメッセージだったのが。

image3624

以下のような現在チャージできません。に変化しました。

image3625

さらに半日ほど待ってからウォレットチャージしたところ、無事WEBから支払いすることが可能となりました。

長い説明になりましたが、私同様に何故かPSストアにPCやスマホからアクセスすると、支払いが出来ないと悩んで居られる方の参考になれば幸いです。

それにしても、もう少しPSストアは使いやすくなって欲しいです。Amazonの利便性に慣れてしまっていることもあるのでしょうが、もう少しユーザーの利便性向上に努めてほしいです。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事