任天堂「NX」はポータブルゲーム機?ウワサが本当ならガッカリかも

任天堂「NX」はポータブルゲーム機?ウワサが本当ならガッカリかも

この記事を共有する

パワフルなゲーム機とのウワサから一転ポータブル機説

2017年3月発売を予定している、任天堂の次世代機「NX(コードネーム)」。これまでNXの姿について情報が全く出ていません。ちょっと前まではNXは非常にパワフルなゲーム機というウワサが出ていましたが、一転してポータブル機ではないか?とのウワサが出ています。

ポータブル機だがテレビと接続して据え置き機としても使える「NX」

頭脳となるメインチップ(SoC)はnvidiaの「Tegra」を採用した、パワフルなポータブルゲーム機で、家の中ではテレビに接続して据え置き機としても利用可能な、ハイブリッドゲーム機であるというウワサです。

そうなると性能的にはWii Uより、ちょっと高性能というレベルに留まるかもしれません。

Tegraといえば、nvidiaが販売しているゲーミングタブレット「SHELD」があり、今回出たウワサを総括するとこの「SHELD」タブレットの任天堂版といった感じでしょうか。

image3600

任天堂独自OSで後方互換は無し、メディアはカートリッジとウワサされています。

ポータブル機が据え置き型に変身するというのは理想だったが時代遅れ

ウワサ通りポータブル機が、家庭では据え置きゲーム機になるというコンセプト自体について、ひと昔前なら理想的なゲーム機だと感じたはずです。しかし、スマートフォンやタブレットがこんなに普及した現状では、あまりにも消費者ニーズとかけ離れていると感じます。

高性能ポータブル機でも動画の配信等は可能だと思いますが、配信のためにもマシンパワーを使うため、ゲームに使えるリソースが足りなくなるという心配もあります。

今よりも進化したスプラトゥーンやゼルダに期待したが、ウワサが本当なら厳しいか?

Tegraをメインチップとする場合、さすがにPS4などの高性能ゲーム機にはかなわないでしょうから、期待のスプラトゥーン2やゼルダ新作もそれほど進化しないかもしれません。

9月開催の東京ゲームショー近辺で、任天堂「NX」について発表があるでしょう。ウワサに反してアッと驚くような発表に期待したいです。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事