日産セレナにも!自動運転(運転支援)搭載で居眠りが増えるのでは?

日産セレナにも!自動運転(運転支援)搭載で居眠りが増えるのでは?

この記事を共有する

2016年8月下旬に発売される新型「セレナ」に、自動運転技術「プロパイロット」が搭載されます。注目は価格が300万円以下と従来モデルとさほど変わらない点です。渋滞も苦にならないため、ちょっと奮発してプロパイロット搭載モデルを買おうという方も多いでしょう。

ちなみに自動運転技術と言われているものの、位置付けは「運転支援」であり、当然運転者が運転の義務を負うことになります。

先日米テスラの電気自動車「Model S」が、オートパイロット中に事故を起こし運転者が死亡しました。自動運転車への注目が集まる中、日産セレナにとって追い風なのか向かい風なのか分かりませんが、大きな事故が起こらない事を願うばかりです。

プログラムに命を預けられるか?自動運転車で死亡事故発生
テスラのModel Sで自動運転モード中に死亡事故発生 米テスラの電気自動車「Model S」の自動運転モード中に、初の死亡事故が発生しま...

日産セレナの「プロパイロット」の機能について簡単に確認

image3576

セレナに搭載される「プロパイロット」は完全自動運転ではありませんから、利用時には運転者自身が、プロパイロットはどのような機能を備えているのか。プロパイロットは何が出来て、何が出来ないのかを正確に把握する必要があります。

※以下は2016年8月発売の新型セレナに搭載されるプロパイロット機能についてです。詳しくはセレナの取り扱い説明書を確認してください。

2016年8月モデルセレナの「プロパイロット」基本機能

プロパイロットを利用できるのは高速道路の単一車線での走行。

  • 設定速度(30~100km/h)での前車追従と停止、停止保持
  • レーンキープや低速時の前車追従のためのステアリング制御
  • 速度維持

ステアリング操作はあくまでレーンキープのためで、車線変更などは行いません。前車停止時は自動ブレーキで停止し、そのまま停止保持。3秒以内に前車が動き出した場合は自動で発進しますが、それ以上停止した場合は、ステアリングボタンか軽くアクセルオンで再始動します。

従来車のレーンキープ機能では時速60km/h以上で動作するものがほとんどですので、ハンドルの自動制御を渋滞時の低速走行時にも行う新型セレナは便利そうです。もちろんステアリング制御中も運転者はハンドルを握っていなければいけません。

新型セレナは単眼カメラのみで動作

セレナのプロパイロットに搭載されるのは、単眼カメラのみです。

技術的にどうなのかは分かりませんが、スバルアイサイトは二眼カメラ、ボルボのアダプティブクルーズコントロールは二眼カメラとレーダーの組み合わせです。人間の目は二眼で立体感をつかみやすくなっています。片目だとキャッチボールをするのも大変だと思います。

セレナのプロパイロットが単眼で二眼相当の性能を備えているのかは分かりませんが、少し気になるポイントです。当然カメラが正常に動作しない状況では、プロパイロット制御から手動制御に切り替わります。

プロパイロット使用時に注意しなければいけない点

各機能を見ていて感じるのは、やはり過信しすぎると危ないということです。特に気になる点は以下。

  • きつめのカーブ(80R)では自動ステアリング制御がオフに
  • 単眼カメラの性能
  • プロパイロット制御から手動制御に切り替わる際の動作

単眼カメラの性能は実際に様々なシーンで走行してみないと分かりません。その他の2点については非常に気になる点です。

自動運転機能で運転中は、いくら運転者に気を付けるよう促しても、自分で運転しているときに比べ気が抜けているはず。その状態でいきなり運転者にバトンタッチされてもかなり焦ってしまうでしょう。もしプロパイロットから人間に切り替わる際に、ディスプレイ表示のみなのだとしたら、それが原因で事故が起こるかもしれません。とくにきつめのカーブでステアリング制御がオフとなるのは、油断しているとちょっと焦るかもしれません。

自動運転(運転支援)搭載で居眠り運転が増えそう

8月発売の新型セレナには、運転者の居眠り監視機能は非搭載だそうです。今後搭載予定とのことですが、私は自動運転(運転支援)搭載車には運転者監視機能は必須だと考えます。

みなさんも経験があると思いますが、助手席でじっと座っていると前日によく眠っていたとしても、強烈な睡魔が襲ってきます。しかし、運転していると適度に緊張しているので案外大丈夫です。プロパイロットによる自動運転中は、運転者も助手席に座っているのと近い状態になり、かなり眠たくなるはずです。かろうじてハンドルを握っている状態なら、眠っていても自動運転で走り続けます。

例えば居眠り状態のまま料金所スペースに入った場合、障害物を感知して緊急ブレーキの警告が鳴るまで走り続けるのでしょうか?また工事で車線制限がされ、前方にコーンが置いている場合にどのような動作になるのでしょう。またきつめのカーブに居眠り状態で突入した場合、曲がり切れずにぶつかってしまうのでしょうか。

こういった普通にありえる状況に対して、どのように動作するのか非常に気になります。上記のようなことが起これば、周囲の車にも影響があるはずです。

自動運転よりも先にやるべきことがあるはず

多くの自動車メーカーが、2020年を目指して自動運転車の実現に向けて開発を進めています。とはいえ完全な自動運転はまだまだ先の話しで、しばらくは運転支援に留まります。すべての自動車メーカーに共通することは、こういった自動運転機能を使用中の事故責任は、運転者側にあるというスタンスです。

自動車に限らず間違った使い方をして起こった不具合は、使用者側に責任があるのは当然ですが、自動運転(運転支援)については使い方が間違っているのか、機能に問題があるのかの線引きが非常に難しそうです。

これからもたくさんの問題に直面しそうな自動運転。販売押し上げのために新たな機能が欲しいのは分かりますが、今は自動運転よりも先にやることがあるような気がします。

AEBS(先進緊急ブレーキ)の普及

私は自動運転よりも先に、確実に動作するAEBS(先進緊急ブレーキ)の普及が先だと思います。確実に動作すると書いたのは、緊急ブレーキ搭載車といっても、安価な赤外線レーザーのみで徐行時にしか動作しないものや、人には反応しないものなどまちまちです。せめてカメラとミリ波レーダーの組み合わせで、確実に動作するものが必要です。

飲酒運転や運転者の急病で気を失ったまま人ごみ突っ込むような事故も防げるはずです。

運転車監視システム

居眠り運転や運転者が気を失った状態での運転を防止する、運転者監視システムの普及です。

また運転者の状態に加え、運転技術そのものを監視するシステムというもの面白いかもしれません。カーナビや各種センサー、自動車の状態を管理するコンピューターなどを駆使すれば、運転者の運転レベルや安全性を監視することも可能なはず。免許更新時にこれらデータをもとに再講習などを設定すれば、全体の運転レベル向上に繋がるはずです。

完全自動運転で事故の責任は自動車メーカが負うまで使う気になれない

すべての車が完全自動運転で、かつ事故の責任は自動車メーカーが負うようにならない限り、自動運転を使う気が起きません。同様の考えの方は多いと思います。

完全自動運転になれば、自分で車を所有する必要もなく、必要な時だけ呼び出して目的地へ連れて行ってもらうという使い方になるでしょう。そうなると自動車メーカーは車が売れなくなります。自動車メーカーは自動運転車に力を入れていますが、どのような未来を描いているのでしょうか?

新型セレナに搭載された「プロパイロット」は面白い機能ですし、あまり新技術を頭から否定はしたくないという思いもあるのですが、上で書いたような心配事もあり、実際大丈夫なのかな?という気持ちです。

とにかくプロパイロットは新しい技術ですから、利用者が勘違いしないよう販売時に徹底してほしいです。

プログラムに命を預けられるか?自動運転車で死亡事故発生
テスラのModel Sで自動運転モード中に死亡事故発生 米テスラの電気自動車「Model S」の自動運転モード中に、初の死亡事故が発生しま...
スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事