金も時間も足らん!年末までに欲しいゲームを全部プレイ出来るか?

金も時間も足らん!年末までに欲しいゲームを全部プレイ出来るか?

この記事を共有する

2016年は夏から年末にかけて大作ゲームラッシュだ

2016年は夏から年末にかけて大作ゲームタイトルが続々登場します。家庭用ゲーム機がここまで盛り上がるのは数年ぶりではないでしょうか。さらに10月にはPlayStation VR(PSVR)も発売されますから、時間もお金もまったく足りません。

ちょっと年末までに欲しいゲームをすべて買ってプレイした場合、どんなことになるのか試算してみました。

8月25日 No Man’s Sky

すべてを網羅することは不可能と思われる広大な宇宙を冒険出来る、No Man’s Sky。

1800京個以上の惑星が存在する宇宙を、すべてのプレイヤーで共有します。最初に惑星を発見したプレイヤーは、星の名前を付けることが出来るというのも面白いシステムですね。

これだけ広大な世界ですから、クリアという概念は無さそうです。ハマると1000時間は軽く遊んでしまう予感。

購入金額:約5,200円

予想プレイ時間:100時間以上

9月15日 ペルソナ5

言わずとしれた、超人気RPGペルソナの最新作です。

今回は怪盗ということですが、普通に金品を盗むのでは無さそうです。まだまだストーリーに不明な部分も多いですが、公開されているPVを見る限り今作のストーリーや登場キャラクターにも期待出来そうです。

購入金額:約7,700円

予想プレイ時間:50時間以上

9月30日 ファイナルファンタジー15

こちらも超人気RPGファイナルファンタジーの最新作。

今回はMAPがオープンワールドとなっており、隅々まで冒険しつくすには相当時間がかかりそうです。アクションゲームの如くフィールド上をなめらかに動きながらの戦闘が良いですね。

購入金額:約7,700円

予想プレイ時間:80時間以上

10月25日 人喰いの大鷲トリコ

最近ゲームを始めた方にはなじみが薄いかもしれませんが、名作ICOやワンダの巨象のゲームデザイナー上田文人氏の最新作です。PS3で発売予定だった本作がようやくPS4で発売になります。

最近の銃でドンパチするゲームに疲れた方は、このゲームで癒されることをおススメ。

購入金額:約6,000円

予想プレイ時間:30時間

11月15日 グランツーリスモSPORT

プレイステーションを代表するカーレースゲーム最新作です。

カーレースゲームというよりは、カーシミュレーションゲームと言った方が良いかもしれません。PSVRにも対応しているので非常に楽しみ。

購入金額:約6,000円

予想プレイ時間:50時間以上

さらに10月13日にはPSVRも来る!

2016年10月13日にいよいよ待望のPSVRが発売されます。頭の動きにあわせて画面が動く、VRヘッドセットを装着することで、映像の中に入り込んだような体験が出来ます。

PSVR発売後年末までに50タイトルを揃えると発表されています。

購入金額:約48,000円

予想プレイ時間:100時間以上

さらにさらに発売日未定の期待作も来る!

2016年中に発売されそうな発売日未定タイトルも多数あり、さらにカオスな状況になりそうです。

特に買い確定なのが以下のタイトル。

  • 龍が如く6
  • 蒼き革命のヴァルキュリア
  • GRAVITY DASE 2

絶対乗り切れない自信あり。。でも2016年家庭用ゲームラッシュ楽しみ

最近スマホゲームに押されて元気のなかった家庭用ゲーム機ですが、今年は非常に楽しみな展開です。年末にかけて、まだ発表されていない大作タイトルがあるんじゃないかとも思っています。

特にPSVR対応タイトルはもっと出てくるでしょうから、ますます時間が足りません。予約まだ出来てませんが、もしPSVRを購入出来たら、今持っているブルーレイタイトルをVRで見直したいという思いもあり、さらにゲーム時間がなくなる展開に。

上記に挙げたタイトルやハードウェアだけで、すべて合計すると購入金額:80,600円、予想プレイ時間:410時間(最低で)となります。9月~12月の4か月間でこれは無理がありますから、少し絞り込んで来年に回すしかなさそうです。とはいえ来年もまだまだ大作ラッシュが続きそうなので、いくつかのタイトルは断念するしか無さそうです。。

PS4本体発売時点では、これほど盛り上がるとは思っていませんでしたら、嬉しい悲鳴ということで年末まで出来る限り楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事