Amazon参入で本読み放題が再注目されるかも

Amazon参入で本読み放題が再注目されるかも

この記事を共有する

「Kindle Unlimited」がとうとう日本でも開始か?

Amazonの本読み放題サービス「Kindle Unlimited」が日本でも開始されるとウワサになっています。月額1,000円程度で数万冊の本が読み放題となるサービスです。

先日Amazonよりさらに薄くて軽い新型「Kindle」が発表されましたし、新型の発売日7月20日付近に読み放題サービスを正式発表すれば、相乗効果も高そうです。

すでに始まっている本読み放題サービスが再注目される

image3552

すでに日本では数多くの本読み放題サービスが始まっています。非常にお得なサービスだと思うのですが、利用者はそれほど多くない印象です。現在の代表的&個人的おススメの読み放題サービスは以下の通り。

 dマガジンYahooブックストアタブホ
月額料金(税抜)400円400円500円
特徴雑誌が多い
ファミ通がある
雑誌少ないが実用書がある雑誌が多い
特にるるぶが充実

他にもauやソフトバンクなどキャリア限定の読み放題サービスもありますが、今回はマルチキャリアで利用できるサービスに限定しました。また、アプリの使い勝手も考慮して上記3サービスに絞りました。

私はdマガジンを利用しています。実用書が充実しているYahooブックストアも捨てがたいですが、読みたい本が必ずある訳ではないので、実用書は個別に必要な時に購入したほうが良いかなと思っています。とにかく月額料金が安く、普通に雑誌1冊買うよりも安いです。電子書籍の雑誌の場合、紙版から内容が一部掲載されていないこともありますが、安いのでそこは我慢ですね。

読み放題サービス最大の欠点は、紙の雑誌と比べると読みにくいことです。アプリの完成度が重要ですので、月額料金や本の種類だけではなく読みやすさを考慮したほうが良いです。一定期間無料で使えるサービスは一度試してみましょう。

Amazonの本読み放題サービス参入で、これら日本発のサービスが再注目されそうです。

Kindle Unlimitedは日本で成功するか

すでに日本では安くて使い勝手の良い読み放題サービスがあり、ウワサ通りならKindle Unlimitedは先行サービスの倍ほどの月額になります。海外では60万冊もの書籍が読み放題となっているようで、日本でも他の追随を許さないほどのラインナップとなれば、先行サービスを蹴散らす可能性も高いです。

Kindleアプリや電子書籍端末「Kindle」はユーザーの評価も高いですし、読み放題サービスを提供する他社にとっては脅威です。

Amazonの一人勝ちも面白くないので、先行する日本勢には頑張ってもらいたいですね。

Amazonプライム会員はビデオ見放題のプライムビデオ9月開始 Amazonプライム会員向けの新サービス「Amazonプライムビデオ」...
スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事