グランツーリスモSPORTでも課金ゲー論争が起こるのか?

グランツーリスモSPORTでも課金ゲー論争が起こるのか?

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

グランツーリスモSPORTに限定「リミテッドエディション」

※実際にどうかは分かりませんが、追加課金要素は無いと開発サイドの発言がありました。

2016年11月15日発売予定のPS4「グランツーリスモSPORT」に、豪華仕様「リミテッドエディション」の発売が決定しました。リミテッドエディションには以下の特典が追加されます。

  • 「スペシャルブックレット」:車のメカニズム紹介などクルマ情報誌
  • ゲーム内で使用できる8台の「スターターカーパック」
  • ゲーム内で使用できる「リバリーステッカーパック」
  • PS4アバターをセットにしたダウンロードコンテンツ

価格は通常版が6,900円+税に対し、リミテッドエディションが9,900円+税です。さらに以下のショップで予約すると、早期購入特典(通常版も含む)としてゲーム内で使用できる3台の「ボーナスカーパック」が付いてきます。

ご予約可能なオンラインショップ一覧

「グランツーリスモSPORT」はPSVR対応とアナウンスされていますし、非常に楽しみですね。

リミテッドエディションの内容から課金要素が心配

image3507

今回発表されたリミテッドエディションは通常版よりも3,000円高くなっています。特に気になるのがゲーム内アイテムについてです。

リミテッドエディションには8台の車とステッカーパックにダウンロードコンテンツ、早期購入特典で3台の車が付いてきますが、これらゲーム内アイテムは発売後に購入したプレイヤーは入手可能なのでしょうか?

前作グランツーリスモ 6ではシリーズで初めてゲーム内課金が採用され、発売前から否定的な意見がたくさん出ていました。結局のところゲーム内で得られるクレジットを課金して買うというもので、課金がゲーム上有利になる要素ではありませんでした。課金しなくてもゲームを進めるとクレジットは溜まっていきますから、ゲームにそれほど時間をかけられない社会人向けの課金システムという印象でした。

もし新作グランツーリスモSPORTも同様の課金システムだとすると、リミテッドエディションや早期特典に付く車やダウンロードコンテンツは、ゲームを進めてクレジットを貯めれば手に入ることになり、3,000円分の価値が無いように思います。

新作グランツーリスモSPORTは課金しないと手に入らない車や、カスタマイズ、オプションが多数登場するのでは?とちょっと心配になってきました。

ゲームの開発費も高騰していますし、課金要素で儲けるのもアリだと思いますが、出来れば課金はステッカーなど見た目の変更に関するもののみとし、車の性能を左右する部分への課金は控えてほしいです。とにかくグランツーリスモ 6発売前のときのように、課金ゲー論争が起こらないよう配慮が必要だと思います。

PS4で最高に盛り上がる「グランツーリスモSPORT」に期待

image3508

最近はモータースポーツが下火ですから、ゲームを通じてモータースポーツが盛り上がることに期待。

グランツーリスモSPORTはPSVR対応というのも楽しみですが、PS4の機能を使ったゲームモードにも期待したいです。特に観戦機能「グランツーリスモライブ」は実況コメントも同時に楽しめるので、見ているだけでも楽しめそう。

image3509

もちろん世界中のプレイヤーがシェア動画の配信もするでしょうから、プレイする以外の楽しみ方も多くあります。シェアといえばグランツーリスモSPORTでは、クルマに貼るステッカーを自由にカスタマイズする、「リバリーエディター」機能がありプレイヤー間でシェア出来るようです。

image3510

あとカメラ好きにはたまらない機能「Scapes」は、世界の1000スポット以上の風景に、グランツーリスモに登場する車を重ねて写真撮影が出来る機能です。「ただの合成写真やん」と思ってしまいますが、車に周りの風景が映り込んだり、環境により陰影が付いたりといった光源処理が施されて、その場に車が存在するような写真が撮れるところが凄いですね。PS4ならではという感じです。

まだ発売まで日はありますが、ひさしぶりに発売が楽しみなレースゲームです。

とうとうPS4にグランツーリスモ最新作登場 PS4にグランツーリスモ最新作「グランツーリスモSPORT」が登場します。発売日や価格などは未...