LINEより良さげGoogle「Allo(アロ)」コミュニケーションツール決定版

LINEより良さげGoogle「Allo(アロ)」コミュニケーションツール決定版

この記事を共有する

Google「Allo(アロ)」はただのコミュニケーションツールではない

Googleの開発者向けイベント「Google I/O 2016」で、新コミュニケーションツール「Allo(アロ)」が発表されました。画面だけを見るとLINEのようですが、後発だけに「Allo」独自機能が満載です。

スタンプはもちろん文字の大きさを変えることで、表現の幅を広げることが出来ます。また写真は画面の横幅いっぱいに大きく表示されます。

またAllo上で様々なGoogleサービスと連携するため、他のアプリを起動せずAllo上でいろんなことが完結します。

特に便利そうな機能として、「Google Assistant」との対話機能です。

「Google Assistant」も今回Google I/O 2016内で発表された新サービスです。Appleのsiriのように、音声で対話しながら質問の回答を返す、対話型音声アシスタント機能です。Allo内でやりとりされたメッセージ内容も参考に返答するようで、かなりの正当率を誇るのではないでしょうか。

Allo内から目的のYoutube動画を呼び出し視聴したり、WEBページを検索したり出来るようです。

Googleとしては、スマートフォンのネイティブアプリに奪われて、WEB検索から離れたユーザーを、「Allo」でWEBに取り戻したいのではないでしょうか。

以下はGoogle I/Oの基調講演動画です。

「Allo」はAndroid版とiOS版で機能差が出そう

Alloの機能を見ていると他のアプリや機能との連携が重要だと感じます。Androidに関してはGoogleのOSですから、Alloのフル機能が使えそうですが、iOS版はいろいろ制限がありそうです。

Androidに比べiOSはアプリのマルチタスク動作が制限されます。そのおかげでiPhoneは動作が比較的安定しているとも言えますが、アプリ間で連携して動作させたい場合には不利になります。iOS上でどこまでAlloの機能が実現できるでしょうか。

「Allo」は「LINE」よりアカウントの自由度が高そう

image3468

日本国内で圧倒的な利用率を誇る「LINE」ですが、アカウントの紐づけが厳しいため面倒なことになりやすいです。例えば機種変更時に通常の移行ではこれまでのトーク内容が消えてしまいます。また、間違ってこれまでと違う電話番号を紐づけてしまったりすると、これまで登録していた友だちが消えてしまうということも起こります。「LINE」はとにかくアカウント関連の取り扱いが面倒です。

「Allo」はGoogleアカウントが利用できるため、アカウントの取り扱いは容易だと思います。またこれは想像になりますが、従来のGoogleサービス同様、Googleアカウントを紐づけることで、すべての端末で同様の環境で「Allo」を利用できるはずです。

やはりOSを持っているというのは強い

すべてサービスがGoogleやAppleに集約されていくのは、あまり良いことでは在りませんが、スマートフォンのOSを持っている強みが今後さらに鮮明になっていきそうです。

特に「Allo」のように他のアプリやサービスとの連携が強みとなる場合、OSレベルで最適化を図れるGoogleやAppleが有利です。

Googleの新サービス「Allo」の猛攻に「LINE」は耐えることが出来るでしょうか。Googleは今までGoogle+のように、コミュニケーションツールで成功したことがありませんので、今回「Allo」がどこまでユーザーを伸ばすことが出来るのか楽しみです。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事