オーバーウォッチ始めた人はbattle.netセキュリティ設定を

オーバーウォッチ始めた人はbattle.netセキュリティ設定を

この記事を共有する

オーバーウォッチをプレイするにはbattle.netへの登録が必要

あと数日で発売されるPS4、PC「オーバーウォッチ」。オーバーウォッチを販売するBLIZZARDは独自のゲームネットワーク「battle.net」を運営しています。PS4のゲームをネットワークに接続するにはPlayStation Plusへの登録が必要ですが、オーバーウォッチで対戦プレイをするには、それとは別にbattle.netへの登録も必要です。

PS4で登録するとユーザー名とパスワードでの認証による登録となりますが、セキュリティ対策としてスマホ認証やSMS認証の設定も行いましょう。

私は以前「ゲームのアカウントなので、不正アクセスで他のプレイヤーにログインされてもたいして問題無い」と思っていましたが、やはり今までのプレイ内容が失われることと、ゲーム内で買ったアイテムなどが消えることを考えるとちょっと怖くなってきました。ゲームを始める前に出来る限りのセキュリティ対策はしておきましょう。不正アクセスされると犯人は、ログインパスワードなど認証手段などの設定を変えてしまいますから、本人はまずログイン出来なくなります。アカウントを取り返そうにも、その時点では本人である証明が出来ませんから、泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

スマートフォン認証「Authenticator」

スマートフォンにbattle.netログイン用の、「Authenticator」というワンタイムパスワードを発行するアプリをインストールし、認証を行うものです。

ワンタイムパスワードはリアルタイムに変わって行きますから、外部からの不正アクセス防止に役立ちます。

詳しくは下の方に貼っているブリザードサポートページを確認してほしいのですが、注意する点として「Authenticator」をインストールしたスマートフォンを機種変更する場合、まず「Authenticator」を解除してから新しい機種にインストールする必要があります。、「Authenticator」を解除せずにスマートフォンを手放してしまった場合、カスタマーサポートへ連絡しなければなりません。

セキュリティ上、自分のアカウントの「Authenticator」が2つ存在しないような仕組みになっています。iCloudキーチェーンやSMS認証を併用すると、「Authenticator」の解除も楽に行えます。

SMS認証

本人確認を行う手段として、携帯電話番号に送信されるSMSで認証する手段です。

SMS登録しておくと本人確認が楽に行えます。通常はメール認証やスマホ認証が出来なくなってしまった場合、カスタマーサポートへ連絡し写真付き身分証明書を送る等、本人を証明する手続きが発生します。SMS認証を設定しておけば、ほとんどの場面でSMS認証による本人確認が可能です。

Battle.net Authenticator – ブリザードサポート

battle.netに限らずネット環境には複数のセキュリティ対策を

インターネット上のサービスは簡単に利用開始出来るよう、本人確認などを実施するサービスはほとんどありません。その為、不正アクセスでアカウントを乗っ取られてしまうと、取り返すことも難しくなります。

設定が面倒ですが、各種サービスで用意されているセキュリティ対策を確認の上、利用開始前に設定しておくことが重要です。

現在利用中のサービスについても、普段から利用している重要なものは特に、再確認をおすすめします。

Battle.net Authenticator – ブリザードサポート

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事