JBL「EVEREST 700」ワイヤレスヘッドホンは軽くて長時間使える

JBL「EVEREST 700」ワイヤレスヘッドホンは軽くて長時間使える

この記事を共有する

JBLのエベレストブランドを冠したヘッドホン即買いした

JBLのEVEREST(エベレスト)ブランドと言えば高級スピーカーに付いているブランドという印象ですが、そのEVERESTブランドを冠したヘッドホンが発売されました。とはいえ特に高級品というわけではなく、今回買った「EVEREST 700」は家電量販店で2万円台前半で購入できます。

家で使っているヘッドホンの調子が悪くなったので、有線接続のヘッドホンを買うつもりでお店に行ったのですが、このJBL「EVEREST 700」を買ってしまいました。まずデザインが良いことと、私の頭にフィットして丁度良い感じで274gと軽量なのもポイント高いです。実際に視聴してみるとクセが少なく耳障りな音が入り込まない、私好みの音が出るので気に入ってしまいました。このヘッドホンは有線と無線どちらでも利用出来ます。残念ながらハイレゾ対応ではありません。

音の好みや頭へのフィット感は人それぞれですので、購入時はお店で視聴してください。

ノイズキャンセル機能搭載の上位機種「EVEREST ELITE 700」もありますが、価格が1万円程高いこととノイズキャンセル機能搭載のためBluetoothでの連続使用時間が、10時間短い15時間となっています。また重量も30g程重たくなりますので、ノイズキャンセルが必要ない方は「EVEREST 700」の方がおすすめです。

EVEREST 700 | Bluetoothヘッドホン | JBL by HARMAN

早速「EVEREST 700」開封

ヨドバシでEVEREST 700を購入したところ、JBLオリジナルのボックス型イヤホンケースとノートが付いてきました。地味に嬉しいです。※以降の写真はクリック(タップ)すると少し大きめの写真で見れます。

image3438

image3439

外箱の中からさらに派手な箱が出てきました。この箱を開けるとヘッドホン本体が内箱に固定されているのですが、箱裏側からテープで固定されていますので、無理矢理引っ張って出そうとしないように注意が必要です。私はどうやって取り外すのかちょっと悩みました。

image3440

内容物は本体と取り扱い説明書(日本語と英語その他)、有線接続用のヘッドホンケーブル(1.2m)、充電用マイクロUSBケーブルです。日本語の取り扱い説明書が付いており、最近の製品にしてはめずらしく操作方法がしっかり記載されていますので、この手の製品を初めて買う人にも使いやすいと思います。

image3441

ちなみにヘッドホン本体はコンパクトにたたむことが出来ます。(あまりコンパクトじゃない?)

image3442

イヤーパッド部分の形状はこんな感じです。私はすっぽり耳が収まりイイ感じでした。柔らかい素材で耳が痛くなりにくいです。

image3443

付属のヘッドホンケーブルにはハンズフリー通話用のマイクが付いています。ちょっと気になったのが、ケーブルのオーディオ機器接続側のコネクタ部分が、まっすぐではなく少し曲がった形状となっています。ケーブル自体は巻きぐせが付きにくい感じで扱いやすいと思います。ハンズフリー通話を使わないという方は、自分の好みのケーブルに交換すれば良いかと。

image3444

右耳のイヤーパッド下にマイクロUSB端子が付いていて、ここから充電します。隣には有線接続用ミニプラグ差込口があります。

製品のホームページでは確認しにくい部分はこのぐらいでしょうか。全体的に作りが良くて満足です。

大音量に注意

「EVEREST 700」Bluetooth接続時には大音量注意

充電も終わって早速繋いで試してみたところ、すごい大音量に驚きました。なんとなく警戒していたにもかかわらずやってしまいました。PCに繋いてテストしようと思ったのですが、PCの場合は設定箇所が複数あるので注意。

image3445

まず使用しているソフト(上の画像はiTunes)の音量と、ウィンドウズの場合は画面右下の音量マークから、音量調整が可能です。音量調整はBluetoothペアリングされた状態で行います。

あと「EVEREST 700」自体にも音量調整ボタンがあり、初期状態は音量最大になっていましたので(個体差は無いと思う)、こちらの音量もある程度下げます。私は最初フルMAX状態で再生してしまいました。。

iPhoneと繋ぐ場合はこちらも設定注意したほうが良いと思います。以前以下でまとめてますので参考にしてください。

【関連記事】iPhoneでBluetoothヘッドホンを使う時の最適な音量設定

JBL「EVEREST」シリーズヘッドホンの機能、「ShareMe 2.0」が面白い

2万円そこそこで買えるBluetoothヘッドホンの中ではイチオシの「EVEREST 700」ですが、「ShareMe 2.0」という面白い機能が備わっています。

image3446

上の絵のように「EVEREST」シリーズヘッドホンで再生している音楽を、友達や彼女のBluetoothヘッドホンにシェア(共有)する機能です。アプリで近くの人と音楽を共有するものなどありますが、使用出来る音楽再生アプリなど制限があります。この「ShareMe 2.0」なら「EVEREST 700」で再生している音はすべて共有できます。音楽の共有の他にも、たとえばYoutubeで面白い動画を見つけた時、電車内などではスピーカーで鳴らすことができませんから、「ShareMe」機能で音声を共有して動画を見ることが出来ます。

この機能についてはいろいろ試したいので、別の機会にしたいと思います。

「JBL EVEREST 700」はひさしぶりに総じて満足度の高いヘッドホンでした。これからBluetoothヘッドホン購入予定の方は一度視聴してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】iPhoneでBluetoothヘッドホンを使う時の最適な音量設定

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事