GRANBLUE FANTASY(グランブルーファンタジー)スマホ向け大作RPG

GRANBLUE FANTASY(グランブルーファンタジー)スマホ向け大作RPG

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

Mobageで登場GRANBLUE FANTASY (グランブルーファンタジー)はスマホゲーム基準を引き上げる

スマートフォンでゲームはやらなかった人も気になる作品

スマホRPG グランブルーファンタジータイトル

一時配信延期となっていましたが、2014年3月10日より配信されることが決定しました。

このゲームかなり力を入れているようで、プロモーション映像なども気合入ってます。

ゲーム制作は「Cygames」
音楽はFFシリーズで有名な植松伸夫氏、キャラクターデザインは「CyDesignation」の皆葉英夫氏。
キャラクターボイスを担当する声優さんも豪華です。

配信日が正式に3月10日に決定したのにあわせて公式サイトもリニューアルしています。音楽の植松氏やキャラクターデザインの皆葉氏のインタビューが掲載されています。

公式サイト

ゲームの内容は以下の先行体験版レポートに詳しく載っています。発表会時にはスマートフォン向けRPGなので、あまり興味はなかったのですが、このレポートを見て少しやってみたいなと思いました。

【注目アプリレビュー】『グランブルーファンタジー』先行体験版最速プレイレポート 配信日情報も

グランブルーファンタジー戦闘シーングランブルーファンタジージョブチェンジ

開発会社のCygamesってどんな会社

家庭用ゲームをおもにプレイする方には聞きなれない方も多いでしょう。私もこの会社知りませんでした。
スマートフォン向けのゲームを主に制作しているようです。

代表作は
『神撃のバハムート』
『アイドルマスター シンデレラガールズ』
『サカつく S ワールドスターズ』
『三国志パズル大戦』
などがあります。

共同開発のゲームが多く、表向きには「Cygames」とは分かりにくいかもしれません。

植松伸夫氏の音楽が良い

最近スマートフォンでゲームやり始めた人などは植松伸夫って誰?という人もいるかもしれません。
ファイナルファンタジーシリーズの音楽で有名なサウンドディレクターです。(9作目まで全曲、10,11作目の一部)
このグランブルーファンタジーでもスタッフの中で一番目立っています。

植松伸夫氏が作曲した好きな曲 FF5の「はるかなる故郷」

FF9「いつか帰るところ」

プロモーション映像の曲も良い感じですし楽しみですね。

GRANBLUE FANTASY (グランブルーファンタジー)のキャラクターデザインが好き

グランブルーファンタジーキャラクター

キャラクターデザインの皆葉英夫氏、ファイナルファンタジータクティクスなどを手掛けた方です。
最近のスマートフォンのゲームは萌え系の絵が多いので、男性、女性ともに受け入れられそうなキャラクターデザインは好きです。
ゲームにおけるグラフィックの力は大きいですね。

グランブルーファンタジーキャラクター2

100以上のキャラクターにボイスが付く、声優さんも豪華

GRANBLUE FANTASY (グランブルーファンタジー)に登場するキャラクターにはほぼボイスが付くらしく、声優さんも豪華です。

伊藤かな恵 (スツルム役)
加藤英美里 (シェロ役)
釘宮理恵 (ビィ役)
沢城みゆき (カタリナ役)
田村ゆかり (イオ役)
東山奈央 (ルリア役)
長谷川明子 (マリー役)
平田広明 (ラカム役)

公式サイトで声優さんのスペシャルボイスを聞くことができますのでぜひ。

スマートフォンゲームと家庭用ゲームの垣根はもうない?

少し前まではスマホゲーは時間潰しに軽くやるだけのもので、ゲームファンには物足りない印象でしたが、このGRANBLUE FANTASY(グランブルーファンタジー)はかなり気合入ってます。
最近のFFより昔のFFの方が好きだという方もグランブルーファンタジーは気になるゲームじゃないでしょうか。

当初11月8日に発表して、12月17日に配信開始というスケジュールでしたので、スマホゲームのスピード感は凄いなあと感じていましたが、少し延期になって残念です。
開発上の問題(バグ等)が発覚したことによる延期だったのかもしれませんが、無事2014年3月10日配信が決定し楽しみですね。
最近はスマホゲームの方が勢いがありますね。端末のスペック的にはPSVitaよりスマートフォンの方が高性能ですし、今後家庭用ゲーム機はさらに苦しくなるかも。

家庭用ゲームなどは早めに発表し過ぎて、発売日には忘れてしまうことも多いのですが、これくらいのスケジュールで一気に盛り上げていく方が良い気がします。

ただこのゲームもそうですが、基本無料の課金ゲームは最終的に料金がいくらかかるか分かりません。
自分で働いて払っている人は10万払おうが勝手ですが、子供がプレイするには安心できません。
そろそろ子供が安心してプレイできるような配慮(仕組み)を考えてほしいです。

GRANBLUE FANTASY (グランブルーファンタジー)基本無料ですし、とりあえず私はプレイしてみようと思っています。

グランブルーファンタジーのキャラデザ気に入ったのでPSVita壁紙作った-関連記事