新型PS4.5本当に出る?プロセッサーユニット内蔵モデルか?

新型PS4.5本当に出る?プロセッサーユニット内蔵モデルか?

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

PS4の上位版PS4.5発売のウワサは本当か?

2016年10月のPSVR発売前に、PS4の上位版PS4.5が発表されるとのウワサが海外で出ています。発売時期は来年2017年とのこと。大手ウォールストリートジャーナル(WSJ)も報じていることから、全くのデマと言い切ることは出来ませんが、ワザワザPSVR発売に水を差すようなことを発表するのかな?とは思います。

PSVR発売前といえばタイミング的に東京ゲームショウ2016になりそうです。

上位版のウワサでは、4K再生に力を入れているということと、PS4と同じディスクでゲームプレイが可能な完全上位互換機であることです。さらに4K品質のUHDディスク対応や、より高品質なVRを提供する機能を搭載するというウワサです。

ウワサ通りならかなりキワモノなPS4.5

ウワサ通りなら価格は10万円オーバー確実でしょうから、コアユーザー向けになりそうです。PS3はオーディオファンに受けていましたが、PS4はあまりそういった話は聞きません。高品質な音楽や映像に特化したマシンとして、高級オーディオ機器並みの価格帯の展開も考えられます。

一般ユーザーとしてはもう少し現実味のある新型PS4に期待したいですね。

私が期待するPS4.5像

昨年そろそろ新型PS4の情報が出るかなと思い、以下の記事で新型はこんなのが良いな希望的に書いたのですが、これまでのマイナーバージョンアップで、メモリーなどのチップ類の集約化で、初期型に比べ少し消費電力が下がっています。

【関連記事】今年出る?新型PS4はどんな感じになるのか予想する。

上の記事で書いた、新型予想その他の部分については

  • メインプロセッサは28nmから20nmになり省電力になるはず
  • セカンダリチップの強化&メモリ枚数を減らして更なる省電力化
  • PSVRのプロセッサーユニットの内蔵

特にPSVRのプロセッサーユニットの内蔵はやってほしいです。PSVRとPS4、テレビの接続は結構煩雑で面倒で、コードだらけになりそうです。プロセッサーユニットをPS4本体に内蔵すれば、かなりすっきりしそうです。

上記では書いていませんが、10月発売予定のPSVRの仕様上かなり無理をしているなと感じるのは、PSVRの視点とは別の視点の映像をテレビに出力する方法です。現行のPS4では720Pのストリーミング映像をPS4で生成し、USB経由でプロセッサーユニットからテレビへ出力されます。おそらく多少の遅延も発生するはずですし、この機能を使用するとPS4のエンコーダーを使用するので、映像のシェア配信が出来ません。

そこでPS4のCPUとGPUをパワーアップし、VR用と別視点のテレビ用の映像を両方HDMI出力できれば、PSVRをプレイしながらインターネットへのシェア配信も可能です。当然テレビ側には720Pではなく、フルHDの遅延のない映像を出力出来ます。

個人的にはUHDディスクは不要なので、ゲームやPSVRを楽しむために必要な機能についてのパワーアップをお願いしたいです。

【関連記事】PSVRの接続方法と最大限楽しむためにおススメのアイテム