スマホ新プラン「2年縛り解除に月300円」に気をつけて

スマホ新プラン「2年縛り解除に月300円」に気をつけて

この記事を共有する

2016年6月から導入予定の月300円で2年縛りなし

KDDIの田中社長が2年縛りを見直す方針とインタビューで答えたことで、とうとう2年縛りが無くなるのかと思っていたら、完全に斜め上の新プランが登場しました。

ソフトバンクとKDDI(au)が導入を決定したプランは、2年縛りが無くなる代わりに「月300円」を無条件に支払うというプランです。将来解約するかどうかも分からないのに月300円を支払う必要があります。このプランでお得に解約できる期間は、27か月目~31か月目の間に限定されるため、各所ですでに話題になっています。この期間以外は損をします。

契約時にお店でどういう説明がなされるのか分かりませんが、知らぬ間に契約させられることが無いよう注意しましょう。はっきり言ってこのプランを選択するメリットはありません。

MVNO格安スマホへ移行する人が増加しそう、プラン見直しするべき

携帯電話大手キャリアの「2年縛り」がなぜ嫌われるのかというと、無料で解約できる期間が、2年経過した月に限定されていたからです。最近この無料解約可能期間が1か月から2か月に延長され多少マシになりました。しかしユーザーの立場としては、2年以上経過したらいつでも無料解約可能が最も希望するところです。

そもそも2年縛りがなぜ必要かというと、現在の契約料金にはスマートフォン本体の料金も含まれており、通信料を支払ってくれることを前提に端末を安く提供しています。契約後に即解約されるとその料金が回収出来なくなるため、契約後2年間は違約金が発生する契約が一般的になりました。またMNP(番号そのままで他キャリアへ乗り換え)へのキャッシュバックなどの優遇で、キャリアを乗り換える人が増えたため、契約の縛りでユーザーを抱え込むようになりました。

上記のようなことはすべてキャリアの都合ですから、この縛りをなくすためにさらに月300円というのは意味が分かりません。

今回の2年縛りなしプランで、世間では「やっぱMVNOに乗り換えようかな」と不信感を持った方も多そうです。6月から導入とのことですが、正直このプランは見直しが必要だと思います。

それにしてもいろいろな手法を考えますね。でもこれは詐欺に近いかもw

将来を見据えて先に月数百円支払うようなプランは、今後「地雷」と考えた方が良いかもしれません。とにかくお店で手続きする際に、勝手にあれこれプランを追加されないよう注意しましょう。私も先日機種変更した際に、危うく訳の分からないプランを追加させられるところでした。書面をよく確認してからサインすることが大事です。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事