MVNO各社は「格安SIM」以外の名称をそろそろ決めるべき

MVNO各社は「格安SIM」以外の名称をそろそろ決めるべき

この記事を共有する

実質0円スマホが廃止となり、携帯料金について見直しの検討がおススメ

2016年2月1日よりNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは一斉に過剰なキャッシュバックや、新機種・人気機種の実質0円スマホ販売を自粛しています。これまでお店で契約すれば、スマートフォン購入の費用は0円で、最初の事務手数料と毎月の通信料を支払うだけで、利用できていましたが、今後は毎月の通信料金とスマホ購入代金を分割で支払うことになります。

通信キャリアは毎月の通信料金から捻出していた、キャッシュバックやスマホ購入代金の負担が軽減されるため、その分料金プランの月額を安くしないと、利用者の負担が増加するだけなのですが、各社にその気はなく1GBの低価格プランを追加するのみです。

そうなると今後注目されそうなのが、MVNOの格安SIMです。1GBで千円以下という料金と、最近はSIMフリースマホの国内販売も増えてきたため、安く高性能なスマホが手に入ります。携帯料金が高くて困っている人は検討をおススメします。

「MVNO」や「格安SIM」「格安スマホ」では一般普及は厳しい

これから勢いに乗っていきたいMVNOですが、一般的にはMVNOよりも「格安SIM」や「格安スマホ」という言葉が普及しています。現在はシェアを稼ぐ断崖で、料金競争が過熱している段階ですが、将来的には付加価値を高めていかないと、MVNOという事業自体成り立たなくなります。

今後格安路線から脱却することも考えると、今のうちにMVNO各社で、「格安SIM」に代わる新しいネーミングが必要です。

私もMVNOに関するニュースなどについて書いたりしますが、MVNOの事業自体を表現するとき、「格安SIM」や「格安スマホ」と書くしかありません。ほかにもっと良いネーミングがあれば良いのにと、いつも思っていました。

MVNO事業を一般ユーザーに認識してもらうため、業界全体で新たなネーミングをそろそろ決めるべきタイミングではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事