白ロム購入ラストチャンス?実質0円なくなり値上げに転じるかも

白ロム購入ラストチャンス?実質0円なくなり値上げに転じるかも

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

ドコモ、au、ソフトバンクともiPhoneは1万円程度値上げ

NTTドコモは2016年2月1日からiPhone 6sを1万円程度値上げすると発表しました。KDDI(au)、ソフトバンクも追従する予定です。そのためiPhone 6s駆け込み需要が出ているらしく、ショップ側もラストチャンスと値下げ&キャッシュバックを強化しているお店も多いです。

今後は型落ちの古い機種を除いて、実質0円や一括0円といった売り方はなくなっていくと思われます。

【関連記事】スマホ0円廃止、学生さんは今のうちにスマホ買い替えるべき

スマホが実質値上げとなると、中古販売等の白ロム価格にも影響が出そうです。これから2月中旬ごろにかけてまでが、お得に白ロム購入できるラストチャンスかもしれません。特にひとつ前のモデルiPhone 6の白ロムは4万円台まで下がっています。今の在庫が尽きれば値上がりに転じるかもしれません。

iPhoneをお得に手に入れる-ケータイアウトレット(広告)

実質0円なくなる代わりに下取り競争が始まるか?

総務省の方針で実質0円廃止へ向かう大手キャリアですが、このままですと年度末の商戦で他社や、格安スマホに対して優位性が出せません。実質0円がなくなり1万円程度の値上げを補うように、各社古い機種の下取り価格を上乗せするのではないでしょうか?

たとえば従来は高額下取り機種はiPhoneのみでしたが、Androidスマホやガラケーでも高額買取する等、昨年よりも下取りを充実させる可能性があります。いくら総務省の指導とはいえ商売ですから、なにか手を打ってくると思います。

今年の年度末商戦はどうなるのか?新しい小型のiPhone発売もウワサされていますし、昨年とは違った戦略が見られそうですね。