良ゲーの予感「いけにえと雪のセツナ」PS4に正統派RPG

良ゲーの予感「いけにえと雪のセツナ」PS4に正統派RPG

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

「いけにえと雪のセツナ」新PVが公開され期待MAX

image3237

PS4、PSVitaで2016年2月18日発売予定の正統派RPG、「いけにえと雪のセツナ」の新PVが公開されました。

「いけにえと雪のセツナ」はひと昔前の国産RPGの良さを追求した作品で、非常に楽しみです。以下は公式サイトから引用。

あの頃、みんなRPGに夢中だった。とりもどそう。ボクたちのRPG-。

純国産RPGが隆盛を極めた1990年代、
当時遊んだ数多のRPGは、今もぼくたちの記憶に強く残っている。
パーティ編成、街での買い物、ダンジョン攻略、ギリギリで倒した強敵たち。
そして、エンディングで流した涙-。
名作たちが与えてくれた感動は、今なお色褪せることはない。
あのプレイフィールを追及し、
記憶に残る物語、記憶に残るゲーム体験を-。
この理念の下『いけにえと雪のセツナ』は開発が進められています。

バトルシステムは名作「クロノトリガー」のATB

image3235

いけにえと雪のセツナの戦闘システムは、スーパーファミコンの名作RPG「クロノトリガー」のアクティブタイムバトル(ATB)を進化させたものになります。キャラクターごとにATBゲージがあり、時間とともに溜まっていきます。ATBゲージが溜まると行動することができます。

image3236

さらに新システム「刹那システム」により、新しい駆け引きが可能になっています。円形の刹那ゲージが溜まった状態で、技の発動タイミングに合わせてボタン入力することで発動します。

image3238

グラフィックと音楽、キャラデザインも好み

image3239

PVを見た感想としては、まず音楽が良いですね。まだメインテーマ的な曲しか聴けませんが、ほかの曲にも期待できそうです。グラフィックも非常に綺麗でフィールド探索も楽しめそうです。

本作はいけにえになるためのヒロイン「セツナ」とともに旅するRPGということで、切ない感じのストーリーなのですが、まさか切ないまま終わるわけはないでしょうから、ストーリーの方も非常に気になる作品です。ちょっとFF10のストーリーを連想しましたが、どうなるでしょうか。

キャラクターデザインも非常に好みなのですが、キャラクターデザイン担当がどなたか分かりませんでした。誰が担当しているのだろう?

2016年初めは気になるタイトルが多く発売されますが、この「いけにえと雪のセツナ」も楽しみです。なんといっても価格が4,800円と安いので、とりあえず買っといて他のゲームと並行して進めましょうかね。