mineo「フリータンク」全ユーザーでデータ量シェアが画期的

mineo「フリータンク」全ユーザーでデータ量シェアが画期的

この記事を共有する

mineo「フリータンク」から月1GBまで引き出せる新サービス

2015年12月17日より、mineoの新サービス「フリータンク」の開始を発表しました。このサービスの画期的なところは、mineoのファンサイト「マイネ王」に会員登録(無料)した全ユーザーでデータ量のシェアが可能なことです。

image3228

データ通信を余り行わなかった月の余りデータをフリータンクに提供することで、他のユーザーは月末(21日~末日)にフリータンクから月2回、最大1GBまで引き出して利用できます。

mineoはデータの翌月持ち越しが可能ですが、1か月分しか持ち越せませんので、場合によってはデータ使用量を捨てることになります。その捨てる分をフリータンクに貯めて、他のユーザーとシェアしようという仕組みです。ちなみにフリータンクに提供できるのは、一人あたり毎月10GBまでです。

いろいろ未知数なサービス「フリータンク」

MVNO格安SIMのサービスプランから選択するとき、データ通信量の上限に達することを嫌って、多めに契約する方が大半だと思います。月1GBをちょっと超える方は2GB以上のプランを選択するでしょう。しかし、mineo「フリータンク」のような仕組みがあると、ちょっと超えるかもしれないけど1GBで良いやと、安い方のプランを選択される可能性があります。

そういったことが容易に想像できるため、新サービス「フリータンク」のニュースを見たときには、条件が厳しいとか、小さな字でいろいろただし書きしてあるのでは?と勘繰ったのですが、全然そんなことはなさそうな感じです。

利用者にとってはありがたいサービスですが、mineo大丈夫か?とちょっと心配になりました。

料金競争からの脱却、ユーザー本位のサービスが目的かも

サービスの使い勝手や、実際フリータンクに余りデータがどれほど提供されるのか?など実際始まってみないとなんともいえませんが、うまく運用されればユーザーにとって心強いサービスになります。

さきほどmineo大丈夫か?と書きましたが、おそらく「フリータンク」の狙いは単純な料金競争からの脱却と、ユーザー本位のサービスによる満足度向上でしょう。

このまま料金競争を続けていては、各社疲弊するだけで良いことなどありません。mineoのフリータンクがあることで、普通ならワンランク上のプランを選ぶユーザーが、自分の使用量にあった適切なプラン選択が可能になります。結果他社よりも安価に利用できることになります。また月末付近でギリギリデータ上限を超えそうな場面でも応急処置的にタンクから引き出して使えることは安心感になるでしょう。

とはいえフリータンク気になる点もいくつかあります。

  • フリータンクをあてにして、みんながデータ量少なめのプランにした場合、常時タンクが空になるのではないかということ。
  • フリータンクで引き出して増やしたデータ量は翌月のデータ量引継ぎ対象になるのか?
  • プリペイドSIM利用者もフリータンクへ提供可能なのか?

一番上のタンクにデータが集まらないというのが、一番心配な点ではあります。

明日以降、フリータンクが実際始まってどのようになるのか。また他社が同様のサービスに追従するのか注目ですね。

mineo(マイネオ)ファンの集まるサイト – マイネ王

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事