子供のクリスマスプレゼント、ちょっと変わったものを探してみた

子供のクリスマスプレゼント、ちょっと変わったものを探してみた

この記事を共有する

毎年悩むクリスマスプレゼント、少し変わったものをプレゼントしたい方へ

我が家は親がなにも言わずとも、子供たちが欲しいものを書いたサンタさん向けの手紙を渡してくるので、特に悩むことはないのですが、たまに「空を飛びたい」とか実現不可能なことを書いてきた場合にいろいろ考える必要があります。

amazonのクリスマス特集からのチョイスでお茶を濁すことも出来ますが、少し変わったものはないかなあと考えてみました。

amazonクリスマスのおもちゃ100選

私なりにこれはいいんじゃないかとチョイスしたものを発表します。

おうちで砂場遊びキネティックサンド

家の中でも汚さず遊べる不思議な砂「キネティックサンド」が面白いです。砂を切ったりしてもその状態を保っています。

以前この商品を紹介した以下の記事に詳しく書いていますのでぜひ。

【関連記事】おうちで砂場遊び「キネティックサンド」紹介動画見て即購入決定 | More-interest.GAME

これは定番の部類に入る?飛び出すしかけ絵本

ロバート・サブダ氏の飛び出す絵本は昔見た飛び出す絵本とは違い、本の大きさからはみ出すくらい飛び出すので、見るものを驚かせます。

以下ロバート・サブダ氏プロフィール(引用)

ロバート・サブダ(ろばーとさぶだ)

ニューヨーク・タイムズ紙上で、児童書のベストセラーの創作で知られるロバート・サブダ。

1965年3月8日にアメリカ・ミシガン州の田舎に生まれました。若い頃からアーティストとしての才能に恵まれ、両親や先生たちの応援もあって、生涯を創作活動に没頭することを心に決めました。

プラットインスティテュートに奨学生として入学し、卒業後は児童書のイラストレーターになりました。彼のアート原稿は、豪華なコラージュから驚異のポップアップの構造物までと、非常に幅広いものでした。

これまでに、ロバート・サブダは優れた動く絵本(Movable Book)作品に与えられるメッゲンドルファー大賞を二度も受賞しています。彼の作品は、アメリカ図書館協会の“注目すべき書籍”の常連になりました。

代表的なもので不思議の国のアリスがあります。(以下の写真)家にもこの本ありますが、小さい子供だと乱暴に開くと破れるかもしれません。

image286

image287

他にも魅力的な作品がたくさんあり、子供より大人の方が夢中になるかもしれません。

ロバート サブダ氏のしかけ絵本

恐竜の化石セット、生き物が好きな子に良いかも

image288

恐竜や生き物が好きな子供に本物の化石をプレゼントとかどうでしょう。

化石販売のお店があるとは知らなかったのですが、子供プレゼントに最適な15点セットが良さそうです。

化石15点セット-化石セブン

難点はこの価格が高いのか安いのか全く分からないところでしょうかw

テレビゲームばかりじゃなくボードゲームをわいわいやるの楽しいです

image289

ゲーム系のブログなので最後はゲームで。

最近はテレビゲームも携帯ゲーム機が増えて、友達で集まってもそれぞれ別の画面を見つめてプレイしています。少し寂しいのですが、ボードゲームだとみんなでわいわいプレイ出来て楽しいですよ。

私の大好きなネタ系サイト、デイリーポータルZにぴったりの記事が掲載されていました。

海外ボードゲーム子供にウケるのはどれ-デイリーポータルZ

続・海外ボードゲーム子供にウケるのはどれ-デイリーポータルZ

ボードゲームではないですが、国内販売のものだと「どうぶつしょうぎ」などは良く出来ていて、大人から子供まで一緒に遊べます。他にもこんなのあるよ!という面白いプレゼントあったら教えて下さい。