薄型化の犠牲、iPhone 7のヘッドホン端子廃止に苦言

薄型化の犠牲、iPhone 7のヘッドホン端子廃止に苦言

この記事を共有する

あくまでウワサレベルですが、iPhone 7からヘッドホン端子がなくなるらしい

順当にいけば2016年夏頃に発売されるiPhone 7。まだまだ発売は先ですが、iPhone7に関する様々なウワサが絶えません。

先日から盛り上がっているウワサとして、iPhone 7はさらなる薄型化のため、ヘッドホン端子が廃止されるとのウワサです。なんでも現行iPhone 6sよりも1mm以上薄くする計画とか。iPhone 6sが7.1mmですから、1mm以上薄くなると5mm台の薄さになります。

ヘッドホンジャックがなくなることでAppleにはメリットが

最近のApple好調の理由は、iPhone本体の売り上げもそうですが、周辺機器のライセンス料や手数料関連収入も大きいです。iPhoneのライトニングコネクタに接続する周辺機器を販売するには、Appleのライセンスが必須で、売り上げの一部はアップルにライセンス料として支払う必要があります。正規ライセンスを受けた周辺機器が高いのはこれが理由です。

ヘッドホンジャックの話に戻りますが、ヘッドホンジャックがなくなると、有線コードのヘッドフォンが使えなくなるの?というとそういう訳ではありません。「iPhone 7以降はライトニングコネクタ接続型のヘッドホンを使用しなさい。」ということのようです。そうすることで、ヘッドホンもライトニングコネクタ接続の周辺機器となり、Appleはライセンス料を徴収することが出来ます。

このウワサが本当なら、iPhoneで音楽を聴くためにヘッドホンをすでに購入している方は反発するでしょう。

薄型化のためのヘッドホン端子廃止は言い訳

「あらゆる周辺機器からライセンス料を根こそぎいただくために、ヘッドホンジャックを廃止します。」なんて本音をAppleは言える訳がありません。ウワサでは廃止の理由は「さらなる薄型化のため」ということらしいです。

image3207

とはいえ薄さ5.08mmの「Vivo X5 MAX」はヘッドホンジャック搭載なので、技術的に不可能ということはありません。ウワサが本当なら苦しい言い訳ととられるかもしれませんね。

Bluetoothヘッドホンもヤバイのでは?

image3209

有線がダメならBluetoothという考え方もありますが、有線のヘッドホンでここまでやっておいて、Bluetoothはなにも無しとは考えにくいです。

現状iPhoneとBluetoothのペアリングは簡単に出来ますが、将来的にはApple正規ライセンス品しかペアリング出来なくなるかもしれません。

たとえば現状iPhoneのNFC(非接触IC)はApple Payのみで使用されていますが、Bluetooth機器とのペアリングにNFCを活用するかもしれません。これならペアリングする機器をiPhone側で選別出来そうです。

あくまでウワサですので、そんなことは無いと信じたい

フタを開けてみれば普通にヘッドホン端子がついていて、根も葉もないウワサだったとなるかもしれません。そうであって欲しいです。

実は私はヘッドホン端子がなくなることよりも、iPhoneがさらに薄型化を目指していることの方が気になります。現行のiPhone 6sが、薄さ7.1mmでバッテリー容量1715mAhですから、今の機能を維持したまま薄型化するとさらにバッテリー容量が減ります。

薄さ5.08mmのVivo X5 MAXが5.5インチサイズで2300mAhです。4.7インチサイズのiPhone 7は、何とか頑張って詰め込んでも現行の1715mAhとさほど変わらないレベルでしょう。それなら現行の薄さ7mm前後でバッテリー容量を2500mAhレベルまで引き上げてくれたほうが、個人的には嬉しいのですがどうでしょうか?それともiPhone 7は現行よりも大きい5.5インチクラスになるのでしょうか?

iPhone 7はデザインも一新するでしょうから、注目度も高く今後も様々なウワサが出てくるでしょう。最近のApple新製品発表で驚くことが減ってきているので、アッと言わせるような製品に仕上がることに期待したいですね。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事