ガラケー(折りたたみ携帯)とスマホ2台持ちで料金節約&安全に使う

ガラケー(折りたたみ携帯)とスマホ2台持ちで料金節約&安全に使う

この記事を共有する

スマホ料金を安くかつ安全に使うにはフィーチャーフォン(ガラケー)と併用がおススメ

androidの不正アプリが氾濫している

ドロイド君旅立ち

android登場時から問題になってはいましたが、android搭載端末の増加に伴い不正なアプリも増加中です。

こういった現状から私はandroid端末ではおサイフケータイ機能や、重要な情報のやりとりには利用していません。
おサイフケータイは日本独自仕様なので不正アプリの的にはなりにくいかもしれませんが、まだandroid自体の信頼性に疑問符がついています。

安全性ではフィーチャーフォン(ガラケー)が最強

フィーチャーフォン(ガラケー)画像

不正アプリやウィルス作成者はより普及している端末(OS)を狙います。

そういった経緯から日本独自仕様で、しかも端末毎に仕様が異なる従来型ケータイのウィルス作成者など皆無でしょう。従来型ケータイはフィーチャーフォンや日本独自路線でガラパゴス諸島のように独自進化したことから、ガラパゴスケータイ略してガラケーと呼ばれています。 私はEdyなどのおサイフ機能やインターネットバンキングのワンタイムパスワードなどはガラケーに一任しています。

料金面有利な場合も

料金面でもガラケー、スマホ/タブレット2台持ちで安く

料金面ではどのパターンが一番安いでしょうか?

スマートフォン1台を同じキャリアで使い続ける

これが一番料金がかかるパターンだと思います。 現状機種変更は一番不利です。

少し古い端末ですと実質0円となっていたりしますが、その後6000円~7000円くらいの月額料金を払い続ける必要があります。メリットはキャリアメール(NTTドコモ、au、ソフトバンク他)のメールアドレスはずっと変わることなく使用可能なことでしょうか。

2年毎にMNP(ナンバーポータビリティ)でキャリアを転々と変更する

最近はこのパターンの人が多いです。現状各キャリアMNPで転入してくるユーザーには手厚い購入サポートが付いています。こういったキャンペーンを利用して一括0円で端末を購入することで、毎月の通信料も3000円~4000円に抑えることが可能です。キャリアメールアドレスが変わることに抵抗がない方なら、端末購入費も含めてこの方法が一番安いと思います。

一括0円と実質0円の違いですが、実質0円は0円ではありません。毎月の通信料から端末代金を分割払いしますが、その同額を毎月の通信料から割引されるので購入者の負担は0円に見えます。一括0円は端末代金は本当に0円ですので、無料で端末を手に入れた後、端末ごとに決められた毎月の通信料からの割引も適用されます。
簡単に言えば端末代金が必要か不要かということです。

ガラケーとスマートフォン/タブレットの2台持ち

私のおススメがこの2台持ちです。
メリットは先ほども言いましたがガラケーの安全性。それとキャリアメールが継続で使えることです。またガラケーはバッテリーの持ちが良く、節電して使えば3,4日は軽く使えるでしょう。緊急時に電池切れで使えないというリスクは減ります。

まずガラケーの料金についてですが、最近大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は通話し放題の基本料割高な新プランが主流です。現在旧プラン契約中の方はそのまま継続、これから契約する方は旧プランが可能なauまたはソフトバンクでの契約がおススメ。旧プランならばガラケーは最低限の料金プランに抑えて通話料込(通話1000円分くらい)で1500円くらいに出来るはずです。
スマートフォン/タブレットは別途用意しMVNO事業者の格安SIMにします。最初端末購入に4万円(安いものもあります)ぐらいかかりますが、格安SIMなら毎月の通信料1000円以下にすることが可能です。

以下の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】スマホ料金を安くするには?細かいこと抜きに簡潔にまとめてみた | More-interest.GAME

2台持ちするのにおススメ端末関連記事

image1640

【関連記事】iPhone6 Plusも良いがGalaxy Note3白ロムが断然お得 | More-interest.GAME

【関連記事】mineo「マイネオ」に最適!6.4インチ「Xperia Z Ultra SOL24」白ロムがお買い得 | More-interest.GAME

【関連記事】2万円台「SHT21」IGZO搭載の7インチタブレットが安い | More-interest.GAME

【関連記事】白ロムAQUOS PHONE ZETA SH-06EがIGZO搭載で凄くお得

【関連記事】白ロム「G2 L-01F」スナドラ800搭載で2万円台でスマホセットSIMより断然お得

キャリア任せに出来ないので自分で端末購入や通信事業者と契約したりしないといけませんが、慣れれば簡単です。これでガラケーとスマートフォンで毎月2500円くらいで運用できます。デメリットは2台持ち歩くのでかさばることです。

そもそもLINEや050電話アプリがあれば、キャリアの電話番号やメールアドレスは要らないという方は、スマートフォンにMVNO格安SIMのみで良いでしょう。

【関連記事】子供にスマートフォンを持たせるのに最適LalaCall

iPhoneのSIMフリー版がアップルストア公式で販売

image1611

人気のiPhoneもアップルストアでSIMフリー版の販売をしています。これまでiPhoneを持つにはNTTドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアで契約するのが一般的でしたが、端末は自分で購入して通信用のSIMだけ契約するスタイルが定着するかもしれません。

今の携帯料金と自分の使い方を見直す必要があります

携帯キャリアの新規加入者やMNP乗り換え者へのキャッシュバックなど、優遇措置が行き過ぎています。 その優遇分は毎月の通信料に上乗せされており、特に同じ端末を使い続けている長期利用者ほど、マジメに払い続けるのは勿体ないことです。

一度ご自身の携帯電話料金を再考してみてはいかがでしょう。

関連記事「mineo(マイネオ)」ケイ・オプティコム au(KDDI)回線を使ったMVNOサービス正式発表

ケータイ★アウトレット

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事