Windows10 スマホはiOSとAndroidの良いとこ取り?

Windows10 スマホはiOSとAndroidの良いとこ取り?

この記事を共有する

搭乗間近のWindows10 Mobile搭載スマホがかなり気になる

先日Windows10 Mobileの日本展開について新たな情報が発表され、日本ではマウスコンピューター、freetel、サードウェーブ、VAIO、日本エイサー、NuAnsが製品を投入します。残念ながらマイクロソフト純正の「Lumiaシリーズ」の日本での発売予定は未定とのことで、なるべく早く日本でも発売してほしいです。

Windows10 Mobileの開発バージョンの動作は以下の動画を見てほしいのですが、かなり快適に動作しており、さすがOS開発歴の長いマイクロソフトです。

Windows10の特徴としては、ユニバーサルアプリはデスクトップPCとスマホ間で共通で動作する点や、スマホをPC用のディスプレイにつなぎ、さらにマウスとキーボードもつなげば、PCのように利用できるという「Continuum」機能です。

image3124

またWindows10 Mobile最大の欠点はiOSやAndroidに比べ、圧倒的にアプリが少ない点です。しかし、この点についてはAndroidアプリをWindows10 Mobileアプリにコンバートする、各種プログラムをマイクロソフトが用意しているようですので、有名どころのアプリは早い時期に移植されるのではないでしょうか。アプリ開発メーカーの方は、Windows Mobileアプリが少ない間にリリースしておけば、ストア上でも目立てるかもしれません。

ところで私がWindows10 Mobileスマホが気になる最大のポイントは、ホーム画面が独特である点です。これまで使ってきたiPhoneとAndroidは、違いはあれど基本的にはホーム画面上にアイコンが並ぶレイアウトです。一方Windows10 Mobileはタイルレイアウトで、PCでは見慣れたもののスマートフォンで見ると新鮮です。さらにタイル上の写真がスライドショーで切り替わったり、スマートフォンのホーム画面としては目新しいのが良いです。いつも同じようなスマホだと飽きますしね。

Windows10 MobileはiOSの統一感、Androidの多様性の両方を兼ね備えているかも

私は現状のiOSとAndroidは一長一短で甲乙つけがたいと感じています。iOS最大の利点はハード・ソフトを一貫してAppleが開発することで、ハードウェアの能力を最大限まで引き出していることです。Androidの利点は端末の多様性です。

最新のiPhone 6sはメインチップA9の製造プロセスこそ、最先端の14nmや16nmですが、CPUはデュアルコア(2コア)です。かたやAndroidの最新スマホはオクタコア(8コア)です。コア数が多いほうがパフォーマンスを上げつつ、消費電力を抑えるのに有効だと思いますが、実際iPhoneとAndroidスマホを使ってみると、iPhoneの方が全般的にサクサク快適に動作すると感じることが多いです。またiPhoneはAndroidスマホに比べバッテリー容量が少なめですが、Androidスマホよりもバッテリーの持ちが悪いという印象もありません。

やはりAndroidはハードウェアが多様すぎて、パフォーマンスをロスしている部分が多いのではないでしょうか。まだまだOS開発ではAppleに軍配が上がるということかもしれません。

そういった中で登場するWindows10 Mobileですが、OS搭載の要求スペックはそれほど高くないようです。またある程度ハードウェア構成に制限があるというウワサがあります。Androidの多様性を持たせつつ、OSの能力を最大限に使えるようハードウェア側にある程度制約があるといったところでしょうか。マイクロソフトはiOSとAndroidの現状をよく研究してWindows10 Mobileの戦略を練っているように感じます。

日本でWindows10スマホの登場が待ち遠しいですね。

【関連記事】Surface Bookはプレミアムブランドの仲間入りが出来るか?

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事