MVNO格安スマホでもキャッシュバック競争が激化?

MVNO格安スマホでもキャッシュバック競争が激化?

この記事を共有する

mineoのスマホセットで最大Amazonギフト1万円プレゼント

mineoの格安スマホ購入キャンペーンが発表されました。2015年11月4日から18日までに、富士通「arrows M02」を先行予約すると、先着1,000名にAmazonギフト1万円分プレゼント。また先行予約が出来なかった人には、arrows M02発売日の11月19日~来年2016年1月20日の間に購入することで、Amazonギフト3,000円分がプレゼントされます。

mineoで新たに取り扱いを開始するarrows M02は一括で32,400円とリーズナブルなスマートフォンなので、キャンペーンを利用することでさらに安く購入できます。

格安スマホでもキャッシュバック競争が始まる?

image3137

ご存じのとおり、携帯電話キャリアの大手NTTドコモ、au、ソフトバンクでは、同一番号による乗り換えMNP利用者に対して、キャッシュバックを行うのが一般的です。このキャッシュバックの元手は、当然加入者が支払う料金から捻出されており、MNPで転入してくるユーザーに対してのみ、手厚いキャッシュバックがあるのは不公平であると問題になっています。

こういったキャンペーンは毎月の利用料が高額な大手キャリアだからこそのものでしたが、最近はMVNOの格安スマホでもキャッシュバックを始めるところが増えています。先ほど紹介したmineoもそうですが、楽天モバイルも対象スマホを購入すると1万円以上キャッシュバックを行っています。BIGLOBEは特定のプランに契約するとキャッシュバックというものもあります。

MVNOの格安SIMやスマホは毎月の料金が安いので、キャッシュバック費用の捻出が大変だと思います。それほど各社の競争が激化しているということでしょう。

MVNO格安SIMにおけるキャッシュバック適用条件はよく確認しましょう

毎月の料金が安い格安SIMにおいて1万円以上キャッシュバックの適用を受けるためには、当然様々な条件が設定されています。かならず条件ページをよく確認しましょう。たとえば楽天モバイルの場合は、楽天お得意のメルマガ登録が必須です。またキャッシュバック代金を受け取るには、楽天銀行の口座が必要です。

今後MVNO格安スマホでもキャッシュバックキャンペーンを実施するところが増えると思いますが、申し込んだ後に条件を満たしていないことに気づき、キャッシュバックを貰えないということのないよう、キャンペーンページはくまなく確認するようにしましょう。

【おすすめ記事】Google Play Music、mineoスイッチで容量気にせず聴ける

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事