Google Play Music、mineoスイッチで容量気にせず聴ける

Google Play Music、mineoスイッチで容量気にせず聴ける

この記事を共有する

一度解約したものの再度Google Play Music契約

月額980円を支払うと音楽3,500万曲が聴き放題という、最近流行りの定額制音楽聴き放題サービス「Google Play Music」。10月18日までに契約すると月額780円になるということで、サービス開始直後に契約したのですが、プレイヤーが微妙に使いづらいなと思い解約しました。しかしその後、Google Play Musicの契約者はYouTubeの有料サービス「YouTube Red」も同時に利用可能になると発表され、再度Google Play Musicを契約しました。

再契約時には月額980円になるかと思っていましたが、780円で再開できたので微妙にうれしい。

Google Play Music最大の特徴はGoogleが用意した3,500万曲の他に、自分が所有する音楽ファイルをアップロードして聴けるということです。スマートフォンの保存用メモリサイズ以上に、手持ちの音楽ファイルをお持ちの方も、Google Play Musicならすべての曲をアップロードすれば、スマートフォンのメモリを圧迫せずに済みます。アップロード可能な曲は5万曲までです。

Google Play Musicへの楽曲アップロードは専用ソフトを使いましょう

Google Play Musicを最初に契約した時に、楽曲アップロード用の専用ソフトがあることを知りませんでした。WEBブラウザでアップロードしていると、これが非常に不便でなかなかアップロードが終わりません。当時「こんなんじゃ手持ち曲アップロードするのに、何日かかるか分からんぞ。」と思っていたのですが、そこはGoogleさんです。ちゃんと専用ソフトがありました。

楽曲のアップロードは以下の公式サイトにある、Google Playミュージックマネージャが便利です。

Google Play ミュージック マネージャで音楽を追加する – Google Play ヘルプ

iTunesを利用している方なら、インストール後の設定画面で「iTunes」を選択すれば、勝手にすべての楽曲のアップロードを開始します。その他、自分の指定したフォルダ内の楽曲をアップロードすることも可能。PCが起動している間にバックグラウンドでアップロードが行われます。また曲が増えた時も差分をアップロードします。

音楽ストリーミングは通信容量オーバーが心配だが、mineoスイッチ使えば問題なし

音楽聴き放題のサービスは、音楽データを常時インターネット上のサーバーから送信しているため、自分が契約する通信容量をオーバーする可能性があります。ニュースや電子書籍を読む程度、という利用方法で月1GBで問題なかった人でも、Google Play Musicを利用すると、あっという間に1GBを使い切ってしまいます。

image3122

そこで、最近MVNOの格安SIMで提供している速度制限スイッチアプリを利用します。私が契約しているmineoの場合、「mineoスイッチ」というアプリで、節約をONにすると通信速度が200kbpsに制限されるものの、残り通信量が減らなくなります。ただし音楽を聴きながらWEBページを見るという使い方は、速度が遅く厳しいかもしれません。

実際mineoスイッチで節約ONにしてGoogle Play Musicを利用してみましたが、節約OFF時とほぼ変わりありませんでした。自分がアップロードした楽曲もスムーズに再生されますし、再生開始時に待たされるということもありません。こまめにスイッチを切り替えて容量を節約しましょう。

他社でも同じようなアプリは用意されていますが、同様に速度制限中でも音楽が聴けるかどうかは試してみないとわかりません。

Google Play Musicぜひ続いてほしい

私は以前ソニーのMusic Unlimitedという定額制音楽サービスを使っていました。邦楽の曲数も多く良いサービスだと思っていたのですが、すでにサービスを終了しています。依然書いた以下の記事にも書きましたが、定額制の怖いところはサービス終了すると手元になにも残らないことです。さらに、それまでせっせと作ったプレイリストなどもなくなります。新たなサービスに乗り換えるにしても、またプレイリスト作成や楽曲データのアップロードなどはかなり面倒です。

ということでGoogle Play Musicは少しでも長く続いてほしいですね。このサービスも1,2年で終了したりしたら、定額制サービス恐怖症になるかもw

定額制を選ぶか、必要な曲だけ購入するか。自分のスタイルにあったサービスを選びましょう。

【関連記事】やっぱり定額制は怖い「Music Unlimited」終了!ソニーのブランド戦略

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事