Surface Bookはプレミアムブランドの仲間入りが出来るか?

Surface Bookはプレミアムブランドの仲間入りが出来るか?

この記事を共有する

マイクロソフトの新2in1PC「Surface Book」が良すぎ

マイクロソフトはSurfaceシリーズの新モデル「Surface Book」を発表しました。従来のSurfaceとは違い、ノート形状での利用をメインに考えられています。キーボードとドッキングした際、モニター部分を支えるスタンドが不要です。膝の上に置いて利用する際にも安定しますね。

またSurface Bookが注目を集める理由は、MacBookを彷彿とさせる優れたデザインです。以下の動画を見てキレイな端末だなあと一発で気に入ってしましました。

残念ながら日本国内での販売は2016年初頭です。先行して発売される米国ではすでに予約がはじまっており、価格は1499ドル~3199ドルと高級路線です。スペックはディスプレイが13.5インチのタッチディスプレイ、Core i5とCore i7プロセッサ、保存用ストレージは128GB~1TBです。上位モデルにはGPUが搭載されており、パワフルな処理もこなせます。

image3117

コネクタ類はフルサイズのUSBコネクタやSDカードリーダーもついており、タブレットというよりはPCっぽいです。コネクタ類はディスプレイ側ではなく、キーボード側に付いているので、タブレット形状の場合はこれらコネクタ類は利用出来ません。

米国の価格から、日本発売時には最安モデルでも17万円程度になりそうです。

Surface Bookはプレミアムブランドになれるのか?

image3116

Surface Bookがライバル視するのは当然Mac Bookです。見た目もMacっぽいデザインで、従来のSurfaceとは趣が異なります。先ほども書きましたが価格もプレミアムで17万円スタートになりそうです。一方Mac BookやMac Book Proは15万円スタートです。Mac Bookが普通のノートPCであることを考えるとSurface Bookもそれほど高いという感じではありませんが、Macにはすでにブランドが確立されており、価格だけで比較はできません。

最近Appleの高級志向を真似して、各社もデザインと価格で高級志向を目指しています。しかし価格だけプレミアムにしてもプレミアムモデルとは言えません。ブランドイメージが重要です。Surface Bookはデザインや素材感、作りの良さなど、プレミアムモデルにふさわしいと思いますが、Macほどブランドが確率されていないので、もう少し思い切った価格で勝負して欲しかったなと思います。Windowsの場合はサードパーティー製のPCとの兼ね合いもあるので、マイクロソフトが思い切った値引きは出来ないのかもしれませんが、PC離れが加速する中ではもう少し頑張ってほしいですね。

「Surface Book」早く日本でも販売開始して欲しいですね。実物が早く見たいです。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事