格安SIMの事務手数料を安く!ネット申し込みよりスタートキットで

格安SIMの事務手数料を安く!ネット申し込みよりスタートキットで

この記事を共有する

MVNO各社揃っている初期費用が安くなるスタートキットがお得

MVNOが提供する格安SIMはデータ通信のみなら、月額1,000円以下で利用できるのが魅力です。

普通にドコモやau、ソフトバンクと契約すると一定期間は解約できなくなる「縛り」が存在し、縛りを破ると高額な違約金が請求されます。最近はこの縛りの仕組みが複雑化しており、いざ解約しようとして縛りの存在に気付く人も多いです。そんな中、MVNOの格安SIMならデータ通信のみの場合は「縛り」も存在せず、最低1か月間利用すれば解約が可能です。音声通話込みのプランについてはMNPで即乗換が出来ないよう、一定期間の縛りがありますが仕組みが明確で比較的分かりやすいです。

これからMVNOの格安SIMに乗り換えようか検討している方も多いのではないでしょうか。

格安SIMは乗換が簡単なので、いろいろ試してみたい気分になりますが、そこで負担になるのが初期費用です。大体3,000円程度の初期費用を設定していることが多いです。月額が安いだけに初期費用が目立って高く感じてしまいます。そこで各社から販売されているスタートキットを利用することで、初期費用を抑えることが可能です。

格安SIMの初期費用を抑えるスタートキットって何?

以前格安SIM「mineo」の初期費用がお得になる、「エントリーパッケージ」をおススメする記事を書きました。

【関連記事】mineoエントリーパッケージをamazonで購入すると初期費用がお得

通常サービスを申し込むにはネットから申込むのが一番お得に安く使えるような気がしますが、MVNOの格安SIMについてはちょっと違っていて、まずお店でスタートキットを購入し、そこに書かれたコードなりを使って申し込むことで初期費用が不要になります。スタートキット自体の通常価格は初期費用と同額ですが、お店で割引販売されているので、結果的に初期費用を安く契約することが可能です。

有名どころではamazonやヨドバシ.comなど購入可能です。結構価格変動がありますので、ちょくちょく価格チェックをすることで、よりお得に契約できます。格安SIMの契約を考えている方は、初期費用にも注目して選んでみてはいかがでしょうか。

格安SIMスタートキットをamazonで確認

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事