2016年初頭も期待のゲームラッシュが来るぞ!

2016年初頭も期待のゲームラッシュが来るぞ!

この記事を共有する

2015年もヤバかったが2016年はそれ以上かも

東京ゲームショウ2015で2015年末~2016年にかけて、多数のタイトルの発売日が判明しました。

2016年も3月までにかけて新作ゲームラッシュです。ここのところ年末商戦期よりも、年明けの発売ラッシュの方がすごい気がします。今からお金を貯めておきましょう。しかしこんなに発売されても、プレイする時間ないのが辛いところ。

私が特に気になっている2016年初頭発売のゲームタイトルを軽く紹介します。これ以外におススメタイトルあったらコメント等で教えてください。

※以下の発売日等は2015年9月23日時点のものです。

ジャスト・コーズ3/PS4、Xbox One、PC

image3054

トレイラーを観るだけで「スゲェー」ってなりますよね。オープンワールドで派手なアクションが楽しめます。

舞台となる「メディチ共和国」は東京都の約半分1000平方kmの面積があり、その中を自由に動き回ることが出来ます。特に陸・海・空を自由に移動しながら、派手に破壊しまくるシーンがスゴイですね。

フックを引っかけていろんなものを引き寄せて破壊したり、ウィングスーツで飛び回ることが可能です。

ジャスト・コーズ3は2016年1月21日発売、Amazon、GEO、スクエニe-STOREで限定特典付きの予約受付中です。

ドラゴンクエストビルダーズ アレフがルドを復活せよ/PS4、PS3、PSVita

image3047

ドラゴンクエストビルダーズは竜王により暗黒の世界と化したアレフがルドを復活させるゲームです。

ゲーム内容はドラクエ版マインクラフトです。素材や道具を作成し、街や城を作ることでアレフがルドを元の世界に復活させます。さすがドラクエブランドとして作られただけあって、グラフィックがキレイで操作性も高そうです。

image3048

マインクラフトにハマった人はもちろん、マインクラフトやったけど挫折してヤメテしまった人もこれなら楽しめるかもしれません。

ドラゴンクエストビルダーズは2016年1月28日発売です。

ナルト 疾風伝ナルティメットストーム4/PS4

image3049

とうとう原作は終了してしまったナルトのゲーム最新作「ナルト 疾風伝ナルティメットストーム4」が2016年2月4日に発売です。随分前から発売予定にはなっていたので、なかなか発売されないなあと思っていたのですが、ようやく発売日が決定しました。

これまでにPS3で発売されたナルティメットストームも、アニメ以上に迫力ある戦闘シーンが楽しめましたが、ナルティメットストーム4はPS4専用ソフトですので、トレイラーを観る限り相当パワーアップしています。「アニメ完全に超えたな」という感じですね。

購入予定の方に注意してほしいのが、劇場版に登場した「うずまきボルト」や「うちはサラダ」は初回限定キャラになります。初回版を手に入れないと後悔すると思いますので、買おうか迷っている方はAmazon予約だけしておいても良いかもしれません。

スターオーシャン5/PS4、PS3

image3050

人気RPGシリーズ最新作「スターオーシャン5」はとりあえず押さえておきたいですね。ちょっとスクエニ作品が連発してますが、なかなか多岐に渡ったラインナップですね。

このスターオーシャン5は発表から発売までが早いですね。ずっと水面下で開発していたのでしょう。発表されてから延々発売されないよりはこの方が嬉しいですし、勢いで買っちゃいますね。

スターオーシャン5は2015年2月25日発売です。少し延期になり2016年3月31日発売です。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝/PS4

image3051

毎度とんでもない事件に巻き込まれる主人公ネイサン・ドレイク(ネイト)。このゲームやったことがある方はご存じだと思いますが、とにかくネイトの無敵っぷりがスゴイです。

アンチャーテッド新作はPS4専用ソフトで、アクション映画そのものを操作しているような、かなりキレイな映像になっていますね。以下のプレイアブルに出てくるカーチェイスシーンとか凄すぎ。

アンチャーテッド新作は2016年3月18日発売です。

勇者死す。/PSVita

image3052

シリーズものの大作系タイトルばかりではつまらないので、ちょっと小粒なタイトルで気になるのが「勇者死す。」です。タイトルからして印象的ですね。このゲームもとはスマートフォン向けのゲームですが、PSVitaに移植されます。

勇者死す。は必ず死ぬ運命にある勇者が、限られた時間を繰り返すことで物語の全貌を解き明かすゲームです。6日目に必ず勇者は死にます。その後またスタート時点に復活し、前の5日間とは違う行動をとることで徐々に話しが進展します。

また余命が減っていくので、勇者が徐々に弱くなっていくのも普通のRPGとは違う点ですね。

このゲームスタッフが豪華で企画・シナリオは「俺の屍を超えてゆけ」の桝田省治。音楽はサガシリーズで有名なイトケンこと伊藤賢治さんです。世代を繰り返しながらストーリーを進めていく、寿命に限りがある。という点が俺の屍を超えてゆけに近い部分がありますね。

PSVitaでグラフィックが一新され、2016年初頭発売タイトルのダークホース楽しみですね。

とにかく発売多すぎ他にも多数の期待作あり

2016年初頭に発売するゲームがとにかく多すぎ!あまりにも多くて上には書きませんでしたが、「オーディンスフィア レイヴスラシル」や「龍が如く 極」、「ストリートファイターV」もこのあたりに発売されるかもしれません。あとはダークソウルⅢもあります。

これ全部プレイする人居るのかな?というぐらいの物量ですが、マイペースでプレイしていきましょう。