大本命PlayStation VRだが、やはりVR酔いの問題に難あり

大本命PlayStation VRだが、やはりVR酔いの問題に難あり

この記事を共有する

東京ゲームショウ閉幕、話題のVRヘッドセットの行方

本日閉幕した東京ゲームショウ2015は、歴代2位の総入場者数26万8446人だったそうです。最近の家庭用ゲーム機の不振とは裏腹に盛り上がったようですね。今年の年末に家庭用ゲーム機の売上が伸びることに期待です。

ところで今年のゲームショウで注目は2016年から本格化するVRヘッドセットです。VRヘッドセットに関してはPCを中心に展開する「Oculus Rift(オキュラスリフト)」と、ソニープレイステーション4で展開する「PlayStation VR」の二強争いになりそうです。

二強争いといってもPCとゲーム機、プラットフォームが違うので直接競合しないとも言えますが、一家にVRヘッドセットをいくつも買わないでしょうから、実質ユーザーの取り合いになるはずです。そうなるとPlayStation VRがかなり優勢だと感じます。

PlayStation VRが優勢だと感じる理由

VRヘッドセットはたくさん開発されていますが、映像を映し出す装置とVRヘッドセットの両方を開発しているのはPlayStation VRだけです。Oculus Riftは映像を映し出すのはPCのグラフィックボードです。Oculus Riftを利用可能なグラフィックボードの最低要件は決めていますが、グラフィックボードも様々なものがありますし、最高のパフォーマンスを引き出すには限界があります。スマートフォンをセットして、VRヘッドセット的に利用するものもありますが、リフレッシュレートやスマホ本体の性能の関係で本格的なものは難しいでしょう。

その点、PlayStation VRはPS4の特性を生かした開発が可能です。有機ELディスプレイでリフレッシュレート120Hzというのも、現在考えられる最高のものと言えます。これ以上を求めるとコスト的に厳しいはずです。

PS4とPlayStation VRの一体開発は、iPhoneとiOSを一体開発するAppleのように、ハード性能を最大限引き出すのに有利に働くはずです。他社には真似出来ない、ソニーが圧倒的に優勢な点だと思います。

最高性能のPlayStation VRでもVR酔い対策に苦戦

TGS2015でPlayStation VRのテスト機が多数用意されたことから、製品としてはかなり仕上がっているようです。後はVR用ソフトの充実と、最大の難関VR酔い対策です。

2016年上期発売を目標にしているようですが、それまでの間にVR酔いを軽減のため調整が続けられるようです。しかし、酔いを意識するあまり動きの少ないコンテンツばかりになるのは寂しいですね。

とはいえ最初のうちはサマーレッスンや初音ミクライブ鑑賞ソフトのような、背景に動きの少ないタイトルが多くなるのではないでしょうか。

プレイ推奨年齢(CERO A、B等)のように、VR酔いのレベルをパッケージに表示するような、購入時にユーザーの目安になる仕組みが必要かもしれません。なかなか判定が難しそうですが。。。

なぜ登場しない?PlayStation VR向きだと思うタイトル

まだまだ今後PlayStation VR用タイトルが発表されるでしょうが、なぜこのタイトルが無いの?という個人的にPlayStation VRで発売してほしいタイトルはコレ。

VR対応「AFRIKA(アフリカ)」

image3034

みなさんPS3のアフリカというタイトルご存じですか?アフリカの大地を移動しながら、動物たちの写真を撮るというゲームです。様々なミッションが用意されクリアしていくのですが、ただ動物たちを眺めているだけでも楽しいです。

image3033image3035

ソニーから発売されたゲームソフトですし、VRヘッドセット向けにそのまま移植出来そうなので、ぜひ発売して欲しいですね。

ゲーム性は削って、車でアフリカの大地を移動し、ただ動物たちを鑑賞するゲームソフトでも良いですね。

VR対応「アイ・オブ・ジャッジメント(EOJ)」

image3037

まだあきらめていないw。ソニーが発売した対戦型トレーディングカードゲームで、私は生涯一番ハマったゲームと言っても過言ではありません。続編を期待していますが、一向に出る気配なし。。。

EOJの特徴は「高い戦略性」と「硬派な世界観」で、今の流行りのスマホゲームとは真逆をいっている感は否めませんが、こういうタイトルの発売を待ってるプレイヤーも多いはず。

なんといってもPS3版EOJはPS EYEカメラを使ったAR(拡張現実)を、ゲームに取り込んだ世界発の作品です。AR世界発なので、VRを使ったトレーディングカードゲーム世界発は「EOJ2」だったりすると嬉しいのですが、無いですよね。。。

ちょっと心配な事も多いが早く発売して欲しいVR

2016年上期と少し先ですが、VRヘッドセットの発売が待ち遠しいですね。

VRヘッドセットは普及の仕方によっては、ゲーム以外の分野への拡張が期待できるだけに、最近元気のない日本企業には頑張って欲しいですね。

【おススメ記事】2015年以降に期待するゲーム進化の方向性

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事